水泳の練習に使用するパドルの意義と効果。

水泳を本格的にやろうとした時、練習用のパドルを使用する機会が出てくると思います。

しかし、水泳を始めたばかりだと、パドルを使う意義や得られる効果が何なのか、よく分からないものです。

水泳用のパドルは泳力向上に役立つ

私も、水泳練習用のパドルについては、よく知りませんでしたが、子供が本気で練習をするようになってパドルを使うようになったことを機に、パドルを使う意義とその効果について詳しく知ることになりました。

水泳用のパドルとは

そもそも、水泳用のパドルとは何かですが、水をかくために手のひらに取り付けて使う、水泳の練習用の用具のことです。

パドルの語源は英語のpaddleで、英語のpaddleの意味にはカヌーを漕ぐときの擢(かい)や、かいで漕ぐこと、又は、かい状のものを表します。

実際の水泳用のパドルは、形状がフラットなものや凸上にカーブのあるもの、手のひらサイズのものや手のひらよりも大きめの面積を持っているものなど、色々な種類があります。

いずれにしても、手のひらに取り付けて、泳ぐときに水をかくために使います

パドルの意義

では、パドルを使う意義は何でしょうか。これを理解するためにはまず2つのことを頭に入れて置くことが大切です。

1つはパドルを取り付けることで、「水をかくための手のひらの面積が広くなる」ことで、もう1つは「あらゆる泳法において、手のひらで水をかくことは効果的な永ぎをする上で重要である」ことです。

1つ目の「水をかくための手のひらの面積が広くなる」ことは、パドルを付けることで手のひらが受ける水の抵抗が大きくなります

これによって、手のひらをかくときに力が必要となりますが、その反面、水を大きくかくことができるようになります。

パドルを使うと手のひらの面積が広くなる

また、面積が広くなることで、手が感じる水の流れの感覚に対して敏感になります

2つ目の、「あらゆる泳法において手のひらで水をかくことは効果的な泳ぎをする上で重要である」ことは、クローク、ブレストストローク(平泳ぎ)、バタフライ、バックストローク(背泳)などの四泳法のいずれにおいても、手のひらの使い方が泳ぎのカギになるという意味です。

魚のヒレやカエルの手のヒレなど、水中に生息する生物の身体的な構造を見ても分かるように、人間の手のひらは泳ぐ上ではこれらのヒレのような役割をしますから、手のひらの使い方によって、泳ぎの良し悪しが決まって来ると言えます。

手のひらの使い方は泳法によって微妙に異なりますが、いずれの泳法においても手のひらの使い方が重要になるのです。まさに、バドルを使う意義は、あらゆる泳法で重要となる手のひらの面積を大きくする点にあります。

バドルの効果

さて、パドルの意義が分かっても、バドルを使うことで実際に得られる効果が分かったことにはなりません。

手のひらの面積を大きくして、その場だけ速く泳ぐために使うのならば、水泳の練習としての意味がありません。

パドルで手のひらの面積を広くすることで2つの効果が期待できる

パドルを水泳の練習に使用するのにはしっかりとした目的があり、泳カアップのための効果が期待できるからです。

バドルを使用する具体的な効果には、次の2つがあります。

(1)水をつかむ感覚を会得する
(2)泳力向上のためのパワーアップをはかる

(1)水をつかむ感覚の会得

水泳においては、キャッチと呼ばれる水をつかむ感覚を得とくすることが重要です。水を正しくキャッチするためには、手のひらが受ける感覚を身に付けることが大切ですが、パドルを身に付けることで、手のひらが受ける負荷が大きくなり、感覚を味わいやすくなります。

どのように水をとらえる(キャッチする)かによって、手のひらでの水の感じ方が異なりますので、この感覚をもとに手のひらの動きを効率的にして行けば、泳ぎのテクニックを向上できるという訳です。

言い方を換えれば、手のひらを面として捉えることで、手のひらを意識したストロークができるとも言えます。特に、感覚が鈍感な小指の方にも相応の負荷がかかりますので、手のひら全体の感覚をつかみやすくなるのです。

(2)泳力のパワーアップ

パドルを使う主な目的は上記(1)に記載した点ですが、パワーアップをはかる目的でも使われます。バドルを取り付けることで水の抵抗が大きくなりますから、ストロークの時に、より大きな力が必要となります。

つまり、ジムトレーニングなどでバーベルの重量を大きくするのと同じ理屈で、筋力のパワーアップをはかる目的で使用することができます。

パドルには色々な種類がありますが、比較的面積が広い構造のパドルや、曲面を持たせた構造のバドルなどは、水をしっかりつかむことができると同時に水の抵抗も大きくなりますので、パワーアップ増強に、より重点を置いた用具と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。