色々迷った結果、スケート靴を直接買いに行きました。

長野に引越して来たので、せっかくだから子供にスケートでも習わせようと考えました。

子供もスケートが好きでやりたがっているし、なんども通うなら、いっそうのことスケート靴を買うことにしたのですが、いざ探してみると、長野市でも一般の販売店では扱ってないんですね。

思い切ってスケート靴を直接、買いに行った

サイズが心配

店頭に置いてあれば、試しに履いてサイズを確認できますが、置いていなければそれが出来ないので、足にフィットするか心配です。

取り寄せをするにも、取引がない店も多く、取引がある店でも、注文したサイズが合わなけば、取り寄せし直すしかないとの事で、とても煩わしいと思いました。

ネットで調べてもサイズ交換には応じても送料が必要だったりするので、これもなんか気乗りしなくて迷っていました。また、実際に物を見てみないと作りがしっかりしているかどうかも心配です。

買えるところを色々と調べても近くになくて、1番近い場所が諏訪にあるエスク・サンエススケートという製造メーカだったんですね。遠いといっても長野県内、まず問い合わせをすることにしました。

送ってもらって購入することはもちろん可能だったのですが、サイズが合わなけば送り返しになるとの事。

靴のサイズは、日本人の標準サイズに合わせて作られているから、普段履く靴のサイズに合わせてもらえれば問題無いとの事でしたが、私の子供の足は標準よりも横幅が広いので心配に。

直接工場へ

直接伺えばその場でサイズを確認して買うことも可能との事でしたので、観光も兼ねて行くことにしました。

基本的にそこは工場なので土日祝日は休みでしたが、土曜の営業日がちょうどあったので、その日に合わせて予約しました。

工場に着くと担当者が出てきて、直ぐに靴を用意してくれ、心ゆくまでサイズを確認することができました。結果としては普段履く靴と同じサイズでよいことが分かり、実際は2シーズン履ける様に少し大きめの靴にしました。

購入したスケート靴は、子供用の初心者を想定しているモデル「SET-46」だったのですが、足の小さい私は、このモデルで一番大きいサイズ(25.5cm)がピッタリでしたので、思い切って私の分も購入しました。

エスク・サンエススケート諏訪工場

自分専用の靴はよい

先日、スケートリンクへ滑りに行ってきましたが、やっぱり貸し靴と違って凄く良かったですね。

貸し靴だと、靴に癖がついていたりして、当たり外れもあります。自分の靴だと、変な癖がついていたりしませんし、自分自身の足にどんどんフィットして行くのでいいですね。

まだまだ履き始めで硬いのですが、もっともっと馴染んで来ると、更に良くフィットしてくると思うと、本当にいいなぁと思います。

長く使えば割安

値段を考えると、いちシーズン10回滑ると子供の貸し靴料は地元のエムウェーブのスケートリンクで1回410円なので計4100円、2シーズンだと計8200円、これだけだと元が取れないのですが、1シーズン15回も行けば元が取れますね。

実際は夏場等のオフシーズンにも別なスケートリンクへ行く予定ですし、下の子も将来履けるだろうから、十分元が取れると思っています。

何より足にフィットするのは上達にもつながるので、わざわざ出向いて行っても買って良かったと思いました。

諏訪付近なら観光地も有りますし、そのついでと考えれば決して高く無いと思います。
迷っている方、特に首都圏在住の方、思い切って足を伸ばしてみるのもいいと思います。

ただ、値段だけ考えれば、同じモデルの靴がネット上ではけっこう安く買えるようですので、ネットで買うのも手ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。