アロンアルファを最後まで使い切るための保管方法はこれ!

アロンアルファは、いろいろなものを瞬時に接着することができる瞬間接着剤ですが、値段はけっこうするものの、その便利さから利用している方も多いと思います。

しかし、蓋がしっかりできていなかったとか、長期間使っていなかったとかの理由で、接着剤が固まってしまって、途中で使えなくなってしまう経験をした方も、少なくないのではないでしょうか。

アロンアルファの保存方法には注意したい

いざ使いたい時に使えないのはもちろん不便ですし、何よりも、接着剤がまだまだたくさん残っているのに使えなくなるのは無駄なだけではなく、比較的値段が張るだけに、とても勿体ないことです。

そんなアロンアルファですが、実は一般家庭でも、とても簡単に、接着剤の凝固を防ぐ保管ができるのです。

優れた保管方法

その保管の仕方とは、ズバリ「冷凍庫のなかにアロンアルファを保管する」という方法です。

もちろん、冷凍庫は普通の家庭にある、一般的な冷凍庫で構いません。具体的には、アロンアルファを付属の黄色いケースに入れ、そのケースごとチャック付のビニール袋に入れて、冷凍庫の適切な場所に入れて置くだけです。

もちろんアロンアルファの蓋はしっかり閉め、黄色いケースの蓋もきちんと閉めておくことが大切ですし、ビニール袋のチャックもしっかり閉めておきましょう。ビニール袋は、冷凍庫内の他の物と区別しやすいように、少し大きめの方が望ましいでしょう。

あとは、使う時に取り出して、使い終わったら直ぐにまた冷凍庫にしまえば良いだけです。アロンアルファは融点が低いので、一般の家庭用冷凍庫の温度でも固体にならず、取り出したら直ぐに使うことができます

たったこれだけの簡単な方法で、アロンアルファを無駄なく、最後まできちんと使い切ることができるようになるのです。

空気ではなく湿気を嫌う

では、なぜ冷凍庫だとアロンアルファの凝固を防ぐことができるのでしょう。

接着剤は、空気に触れてしまうことで凝固してしまう、というイメージを持っている人も多いと思いますし、私も、この保管方法を友人から教えてもらうまでは、空気に触れることが原因だと思っていました。

しかし実際は、接着剤が凝固してしまう原因は、空気中に含まれる水分に触れてしまうことによるのです。

従って、基本的に水分が無く乾燥している冷凍庫(水分は氷となっている)では、アロンアルファを凝固させてしまう要素が極めて低いため、固まってしまうことを防止できるのです。

こんな用途にも便利

さて、瞬間的に接着できるので、とても便利なアロンアルファですが、意外と知られていない便利な使い方があります。それは、切り傷などの措置に使用する方法で、実際に医療現場でも使われているとのことです。

もちろん、医療現場では医療用の専用アロンアルファというものがあるそうですが、私の友人が医師から聞いた話では、一般のアロンアルファでも何ら問題ないとのことでした。

用途としては、紙で指先を切ってしまったとか、カッターで手をきってしまったなど、傷口が開いてしまうような切り傷に効果的で、傷口を瞬間的に閉じて、あとは自然治癒を待つ状態にできるので、水が傷口に浸み込んで痛むなどの症状を防げるのが大きな利点です。

私自身、今までこの方法を試したことはなかったのですが、指先をケガしたことを機会に実際に試してみました。気になる方は下記の記事をどうぞ。

もし、同じように試してみる場合は、あくまでも自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。