カタカナの由来の漢字について分かりやすくまとめました。

カタカナの「モ」の由来は漢字の「毛」であるように、カタカナ文字の由来は漢字であることは誰でも知っているところです。

しかし、カタカナの「ラ」の由来が漢字の「良」だと言われても、「どうして?」と、あまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、カタカナの由来の漢字だけではなく、どうしてその漢字なのかが分かるように、きちんとまとめました。

漢字が由来

カタカナは、日本固有の文字で、ひらがなと同様に、漢字に由来します。つまり、同じような音を表す漢字を用いて、別な文字としてのカタカナが作られました。

【関連記事】ひらがなの由来の漢字をきちんとまとめました

例えば、カタカナの「ニ」は、同じ「に」の音を持つ漢数字「ニ」をもとに作られました。同じように、カタカナの「ミ」は漢数字の「三」、カタカナの「ハ」は漢数字の「八」、また、カタカナの「モ」は漢字の「毛」に由来しています。

これらは、もとの漢字とその漢字から作られたカタカナの文字が、とても似ているので直ぐに理解できます。

しかし、冒頭にあげたように、カタカナの「ラ」の由来が漢字の「良」だと言われても、なぜなのかは、直ぐに理解しにくいところです。

この場合は、「良」の字を、書き順に従って書いてみればすぐに分かります。

良という漢字は7画ですが、最初の2画だけを書いてみて下さい。「ラ」の文字に近い形になったのが分かると思います。つまり、この場合は、「良」の最初の2画をもとに作られたのです。

由来のパタン

このように、カタカナの由来は、元の漢字からどのように作られたかが分からないと、そのつながりが良く理解できません。しかし、「どのように作られたか」には、いくつかの基本パターンがあります。以下、これらの基本パターンを説明します。

画の一部

これは最も多いパターンです。漢字はいくつかの画で構成されますが、全体の画のうちの幾つかの画に由来するパターンです。

中でも最初の何画、あるいは最後の何画を元にしているカタカナが一番多くを占めます。

中には途中の一部の画に由来するもの、画の一部が省略されているものもあります。

漢字の構成部位

カタカナの中には、由来する漢字の偏(へん)や旁(つくり)、冠(かんむり)など、漢字の構成部位のいずれかを元に作られたものがあります。

ウ冠(うかんむり)が最も分かりやすい例ですが、カタカナの「ウ」は漢字の「宇」の冠をもとにしています。

その他

上記にあげた2種が主な基本パターンですが、それ以外にも例外的なカタカナがあります。それらには、書体から変化したもの、画の一部が変化したものなど、上記の基本パターンなどから変化したものや転じたものがあります。

また、由来については諸説があり、ハッキリしないものも存在します。

文字ごとの由来

ではカタカナの由来の漢字について、ひとつひとつ示します。ネット上によくある情報には、不明な情報や、いい加減なものが多くあります。

例えば、カタカナ「ユ」の由来の漢字は「由」ですが、由の中にあるユの形に似た部分を取っているように解釈(下図左)しているものがあります。しかし、「ユ」は本来、漢字「由」の最後の二画に由来するものですから、正確には下図右のようになります。

つまり、上図下方に示したように、最後の二画を筆で描くようにすると、カタカナの「ユ」のような形状になることが良く分かるかと思います。

このように、由来を無視して似ている形だけを真似て表現したものが多くあります。

ここでは、由来に基づいて自然な形になるように図を付けて表現しました。特に、草体(草書体ともいい、簡略化したくずした漢字)などからの変化の場合は、無理に形にとらわれないように表現しています。

諸説があるものは複数示しましたが、細かい説は多々あるようですので、一般的なもののみを掲載しました。また、解釈がしにくいものは、表中にアスタリスク(*)を付けて、後半に説明を加えています。

説 明
阿の偏
伊の偏
宇の冠
江の旁
於の偏
加の偏
幾の草体の楷書化から変化
起の最初の3画
久の最初の2画
介の画の省略 *
个の変形
己の最初の2画
散の最初の3画
之の草体の変化
須の最後の3画
世の行書体からの変化
曽の最初の2画
多の最初の3画
千の全画
川の全画
州の草体から変化
津の一部から変化 *
門の草体から変化
爪の一部の変化
天の最初の3画
止の最初の2画
外の旁
奈の最初の2画
二の全画
仁の旁
奴の旁
祢の偏
乃の最初の1画
八の全画
比の旁
不の最初の2画
部の旁の草体
保の最後の4画
末の最初の2画 *
万の省画 *
三の全画
牟の最書の2画
女の最後の2画
毛の最後の3画
也の草体の楷書化から変化
井の全画(草体)から変化
由の最後の2画の変形
弓の最初の2画
恵の草書体の終画 *
慧の草体の一部 *
与の最後の2画から変化 *
與の画の一部
良の最初の2画
利の旁
流の最後の2画
礼の最後の1画
呂の最初の3画
和の旁の草体
輪の記号〇の二筆 *
乎の最初の3画
尓の最初の2画
无の草書体の簡略化
撥ねる音の記号Vから変化 *

*ケ(介):ケの形状からすると、介の最初の3画が由来との見方もできますが、本来の由来は省画ですから、3画を省いた1画と2画と4画が由来であるとして記述しています。

*ツ(津):津の漢字だけを見ると、さんずいの部分がツに似ているところはあります。しかし、筆で書いた場合の流れを考えると、さんずいに由来するというのには不自然さが残ります。さんずいの右側にある「聿」は、「」そのものと「彡」が合わさってできた会意文字「聿」と言われています。従って、元の文字「彡」に由来すると考えた方が自然です。

*マ(末):末と万の最初の2画の組み合わせからできたという説もあります。

*マ(万):マの形状からすると、万の最初の2画が由来との見方もできますが、本来の由来は省画ですから、2画を省いた1画と3画が由来であるとして記述しています。

*ヱ(恵):恵の一部からヱが生まれたのではなく、恵の草体の後の画に由来しています。恵を草書体で画いた場合、最後の部分が「ヱ」のようになります。

*ヱ(慧):慧の一部からヱが生まれたのではなく、慧の草体の一部に由来します。

*ヨ(与):与は3画なので、最後に2画に由来しますが、形状がヨににるように、表中の図では画の第2画は半分だけ色を付けて表現しています。

*ワ(〇):輪を記号であらわした〇を、筆で書いた場合にワのような形状になります。この説によれば、漢字に由来したわけではないことになります。

*ン(∨):撥ねる音をVで表した経緯から、それが変化して「ン」になったとする説です。この説によれば、漢字に由来したわけではないことになります。

【関連記事】ひらがなの由来の漢字をきちんとまとめました

【関連記事】日本語の漢字表現による球技名称と語源による分類

【関連記事】外国語、特に第二外国語の学習には電子辞書がとても便利

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク