洋式トイレと和式トイレの違いをちょっと考えてみた。

以前、下の子が外出先で突然「うんち!」と言い出し、慌ててトイレを探してやっとたどり着いたところにあったトイレが、和式の便器になっていて、息子が「できない」と言い出しました。

それもその筈で、家のトイレは洋式で、便器に腰かけてするのが当たり前だった息子にとっては、地面に座り込んですることは経験したことがなく、とてもハードルの高いものだったのです。

その時は私が抱きかかえてどうにか用を足すことができたのですが、そんなことがあった私は、「そもそも和式、洋式ってどういう違いがあって、どのように使い分けているのか、どのように設置分けされているのか」とふと思い、考えてみることにしました。

基本的な違い

そもそも、和式トイレと洋式トイレとでは構造が異なり、和式トイレは地べたにそのまま座り込んで用を足すのに対して、和式トイレの場合は便器が椅子の構造になっていて、そこに腰かけて用を足します。

単純にいえば、しゃがんだ姿勢で用を足すのか、腰かけて用をたすのかの違いで、便器の構造も和式では便を受け止めるだけの形状で、洋式では便を受け止める周りが便座といわれる椅子の形状になっています。

長所短所

では、それぞれのメリットとデメリットをあげてみます。

和式トイレについて長短をあげると、

・しゃがむので姿勢が苦しい
・身体が直接便器に接しないので衛星的。
・導入コストが若干安い。
・外国人や乳幼児の場合、使えない使いにくい
・掃除がしやすい

洋式トイレについては、

・座れるので姿勢が楽
・身体が便座に直接接するので衛星面で心配
・外国人や乳幼児が馴染んで使える。
・導入コストが若干高い。
・掃除がしにくい

このように、両者の長短所をあげて比較してみると、それぞれ和式の長所は洋式の短所、和式の短所は洋式の長所になっています。ちょっとまとめてみると

姿 勢 :和式(△)⇔洋式(〇)
衛星面 :和式(〇)⇔洋式(△)
コスト :和式(〇)⇔洋式(△)
清 掃 :和式(〇)⇔様式(△)
万人向け:和式(△)⇔洋式(〇)

のような感じです。ちなみに耐久性やメンテナンス性などは、便器だけの単純な構造で比較した場合は、あまり変わらない感じがします。

衛星面を考えた場合、家庭用であればあまり気になりませんし、公衆トイレでも便座殺菌用の薬剤が設置されている場合もありますから、大差がない場合もあります。

コスト面も便座だけみればそれほど差はないでしょうし、清掃も、比較した場合の話なので、実際はそれほど手間の差はないでしょう。

設置状況は?

というわけで、両者を比較してみましたが、単純な比較だと和式の方が、メリットが高いようにも見えますが、現実的には洋式トイレの方が増加傾向にあるようです。

恐らく、姿勢が楽である事や、万人向けであることの方がはるかに重要視されているからでしょう。

家庭用の場合、建築年数の古い家ほど和式トイレが多いですが、近年建築された家の場合、戸建てでも集合住宅でも、共に様式が一般的になっています。

また、便座メーカなどの展示会場などを見ても、圧倒的に洋式が多く、和式はほとんど目にすることはありません。今後、家庭用のトイレについては洋式がほとんどを占めて行くのではないでしょうか。

さて一方、業務用や公共施設、商用施設など非家庭用の場合では、以前に比べて数は減っているようですが、しばしば和式トイレを見かけることがあります。

特に、従来からある公共施設や学校などでは比較的多く、中でもトイレ内に専用のサンダルがあって、床ごと水で洗い流せるタイプのトイレに多く見られます。

この理由は、清掃などの管理面を楽にするために、丸ごと洗い流しやすい構造にしているためのようです。

和式トイレは、床ごと水洗いできるような場所に多い

また、年配者の中には和式トイレのほうが馴染みやすいという方がいるようで、実際に公衆トイレなどでは、わざわざ和式と洋式が併設されて選べるようになっている施設なども見られます。

そうした年配者への配慮があるからこそ、洋式トイレには淘汰されないでいるようですが、今後グローバル化がますます進むに従って、今よりも、もっともっと和式トイレの数は減って行くのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。