よい記事タイトルの付け方の見本は身近なところにたくさんある。

ブログを運営している人なら誰しも、うまい記事タイトルを付けようと考えるものです。どうすれば分かりやすいか、どんなタイトルが注目してもらえるか、どう表現すれば読んでもらえるか、などなど色々と頭を悩ませるところです。

また、タイトルの中にうまく検索キーを盛り込みたいとも考えるものですし、文字数も長くなり過ぎないようにも注意するものです。そんな苦労するタイトル決めですが、世の中には身近なところに、とても参考になるようなタイトルがたくさんあるもので、これを利用しない手はありません。

何がタイトルに求められか

よいタイトルを考える場合、考慮する要素が色々とあります。

まず、何よりも大事なことは、タイトルが実際の記事の内容にマッチしているかです。これがマッチせず、コンテンツと外れたタイトルになっていると、「何だ!この記事は」ということになってしまい、結果としては読者の期待を裏切ることになってしまいます。従って、内容に合ったタイトルにすることが最も大切です。

次に、タイトルの長さも重要になります。これは、やたらと長いタイトルだと、要点がボケやすく結局何を言いたいのかが伝わりにくくなっていまいます。また、検索結果に表示されるタイトルには表示文字数の制限がありますので、長すぎるタイトルの場合は、タイトルの後部が切れるため、内容が伝わり難くなってしまいます。

更に、検索からの流入を考えた場合、重要なキーワードはタイトルに盛り込みたいと思うのは、運営者なら当然でしょう。検索アルゴリズムの進歩により、キーワードを無理に詰め込むことはあまり意味がなくなって来ているのは事実でしょうが、やはり大事なキーワードは盛り込みたいところです。

さて、ここまでは誰しも考えるところですが、もう一つ大事なことは、いかにに読者が注目をするようなインパクトのあるタイトルにできるかです。そんなインパクトのある表現ですが、実際は我々の身近なところに、もの凄くたくさん例があり、とても参考になるものです

身近にある見本

例えば、近くの本屋に足を運べば、店頭には今売れている本が平積みされているものです。そして、店によっては売れている本のランキング一覧が貼られているところもあるでしょう。

これら売れている本の名前やそのサブタイトルには、購買意欲を誘うようなうまい表現がたくさんあります。本を執筆・出版・販売しようとする側は、その本を少しでも多く販売しようとしますので、本のタイトルも興味を引きやすい表現や、注目を集めやすい題名になっているものです。

そんな数々のタイトルを見ていると、ついつい手に取って中身を見たくなる本がいくつもあるものですが、それらの本のタイトルは、記事タイトルを考える上での大きなヒントになるハズです。

先日、子供の学習に役立つ本を買うために、ちょっと地元の本屋に立ち寄ったのですが、実際に色々な本が置いてあると、興味を引くような本がたくさんあり、気が付いたら長い時間が経過していました。

それだけ、本のタイトルには人をひきつけるような表現がいっぱいあるのです。しかもこのようなヒントとなる情報は、わざわざ本屋に行かなくても、いま売れている本には、どんな本があるのかをネット上で調べてみるだけでも、容易に得られますので、利用しない手はないでしょう。

また、ウェブサイトを見ていて、ネット上の広告であると知りながらもクリックしたもの、或いはクリックはしないまでも目が留まったものなど、日々たくさんあるものです。そんな自分自身が引きつけられたネット上の広告には、興味を引くような言い回しがたくさんあります

そんな多くのネット広告から、こんな表現は注目されやすいと感じるような様々な例を参考にすれば、記事タイトルを考える際に役立つことは間違いないでしょう。

そして、印刷物にせよ、放送にせよ、街中の看板にせよ、文章や言葉で表現されている宣伝文句などは身の回りに無数あります。これらは、人に注目してもらうことを考えて作られている表現ですから、役に立つ見本や手掛かりは多く埋もれているものです。そんな数々の例を参考にすれば、記事タイトルに使える有効な言い回しが思いつくことでしょう。

まとめ

記事タイトルを考える上で見本となる例は、身近なところに無数あることが分かったと思います。

色々な文章や言葉に触れる中に、どんなフレーズが気になったか、興味を持ったかなど、常に意識して心に留めておくと、いざタイトルを考える時に必ず役に立つことでしょう。必要であれば、その時々でメモを取っておけば、もっと活用しやすくなります。

そしてタイトルは注目を集める目的だけでなく、いかに要点を上手くまとめた表現にするかも大切ですが、そんな時に参考になるのが、ネット上のニュース一覧です。

例えば、ヤフーのトップページには、ヤフーニュースの一覧が掲載されますが、どれも13, 14文字以内でニュースのタイトルが表現されているので、要点をうまく押さえた端的な表現を考えるにはとても参考になります。

今やネットワークを中心とした情報化社会ですから、我々が見習う表現や参考となる言い回しなどはどこにでもあります。そんなどこにでもある「ヒントとなる情報」を利用しないのは、もったいないことです。大いに参考に利用しましょう。

但し、表現をそのままコピーして使うなどは、法に触れる場合も出てきますから、あくまで日本語の表現の参考としての用途にすることが大事ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。