温水洗浄便座を自分で交換しよう!交換するメリットって色々あるものです。

以前、埼玉に住んでいたときのこと、温水洗浄便座(いわゆるウォシュレットタイプの便座)の点検ランプが点滅するようになったことがありました。

これは、LINAXの一部の製品についている、点検時期をお知らせする機能で、一定期間(通常10年)を経過すると、自動で点滅するような仕組みのランプです。

一般ユーザがこの点検ランプを停止することはできませんので、メーカのサービスマンを呼んで、点検して貰って初めて停めることが出来る訳です。

点検は有償

しかしながら、サービスマンを呼んで点検してもらうと有償になり、それなりの金額がかかります。

もちろん点検は義務では無く任意であり、私の場合、故障もなく調子も良好であったこともあって、しばらくそのまま放置していました。

しかし、いつも点滅しっぱなしなので、とても目障りですし、お客さんが我が家に来てトイレを利用して行く場合なんかは、少し恥ずかしい思いもしていました。

何とか点検ランプを停められないものかと、ネットで色々調べてみると、非公式な方法は掲載されていたりもしましたが、私が当時使っていた型式についての情報は無かったので、結局そのまま放置し続けていました。

ネット上には、この点検の仕組みに反感を持っているユーザの書込みが数多くおり、そのこともあってか、最近のモデルではこのような機能はほどんど搭載していないようです。

この点検の仕組みについては私自身も快く思っておらず、何とか止める方法はないものかとずっと思っていました。

トイレに行くたびに目に付いては気になり、「何か良い方法は?」と考える日々が続いていました。

買い替えの方が得

そんなある日、ふと視点を変えてメーカの立場でこの点検の仕組みを善意に考えてみると「経年劣化した製品が、漏電等の問題を起こさないように事前に注意を喚起するような、安全のための仕組み」と解釈できるようになり、いたずらにランプを停止させるよりも、今後どう使って行くべきかを考えるようになったのです。

その頃には既に13年位が経過してしまっていたと思いますが、通常の電化製品であれば13年も使えば寿命となるものも多いでしょうし、まして水回りに使用するものであれば、通常よりも安全には気を配る必要があるので、買換えの時期と判断すべきではないか、と考えるようになったのです。

仮に点検費用を払って点検して貰っても、あと何年使えるか分からないでしょうし、点検の結果、何らかの交換部品があったりすると点検費用とは別に更にお金がかかる場合もあります。

そんなことを考えながら、新品の値段を調べてみると思っていたほど高くないことが分かりました。もちろんグレードや仕様によってピンからキリまでなのですが、廉価タイプだと大手メーカ製でも2万円を切る製品が結構あり、高機能・高性能にこだわりが無かった私は、お手頃価格のものを調べていました。

自分で作業

大きく分けてお湯をためておく貯湯式のタイプと瞬間的にお湯を作る瞬間式のタイプの2種類があり、瞬間式の方が値段が高いのですが、結局2万円代の瞬間式の方を購入しました。

問題は取付工事費なのですが、費用を節約するために、思い切って自分で取り付けることにしました。

結果としては特に問題なく取り替えることが出来ましたが、購入・取付に当たっての注意点をまとめましたので参考にして下さい。

(1)便器のサイズを良く確認しておく
(2)コンセントや水道栓からの距離を確認しておく
(3)必要な工具を確認しておく

まず、便器のサイズですが一般的な便座であれば殆ど問題ありません。ただし、購入後に合わないと問題になりますので、購入する前に必ず家の便器のサイズと温水洗浄便座の仕様をよく確かめるべきです。

次に、コンセントや水道栓からの距離が長いと、温水洗浄便座の標準付属品では対応できない場合がありますので、それぞれの距離も事前に調べて確認しておく必要があります。

また、工具については、一般家庭にある通常の工具があれば通常問題ありません。但し、水道栓に対応した幅の広いスパナ(モンキー)が必要ですので、あるかどうか確認しておいた方が良いでしょう。
実際、私の場合は、普通サイズのモンキーはあったのですが、幅が足りなかったため、これを機にモンキーを新たに購入しました。

実際に取り付け(取り替え)をしてみての感想ですが、取付マニュアルも良くできていますし、物をいじるのが好きな人であれば、それほど苦労なく出来ると思います。

一般的な工事費は数千円は掛かりますので、ぜひご自身での取り付けをチャレンジしてみることをお勧めします。

そして驚いたことは、便器と便座との間に溜まった汚れが凄まじかったということです。
相当な年月、掃除されずに来たので当たり前なのですが、取り替え工事を機にきれいに掃除ができて、とてもスッキリしました。

交換して感じたことは、いたずらに使い続けるよりも交換した方のメリットが結構あるということです。

中途半端に使い続ければ、返って費用が掛かってしまうこともありますし、年月が経てばたつほど不衛生な状態が続きます。

廉価タイプも色々ありますし、新しい製品の方が機能が充実していたり、却って水道代・電気代を節約できることもあります。

温水洗浄便座を長年お使いの方、交換を考えてみるのも良いかも知れません。

【関連記事】洋式トイレと和式トイレの違いをちょっと考えてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。