転職経験者から話を聞いて分かった転職で失敗する人の傾向や特徴

会社員を長年続けている、勤め先を辞めていく人や、新たに入社してくる人と接する機会が多くなります。

また、友人や知人と接していても仕事を変えたという人はけっこういます。

そんな転職した人たちと話していると、失敗して後悔している人と、成功して喜んでいる人とに大きく分かれることが分かります。

転職は明暗を分ける

そして、転職に失敗する人には、ある大きな共通の傾向や特徴があります。

転職で成功した人の例

転職で失敗した人の話に触れる前に、どういう人が転職で成功しているかについて触れておきましょう。

まず、最も成功しやすいパターンが、ツテやコネを利用している場合や家業を継ぐ場合です。

私と同期入社で、数年後に辞めて家業を継いだ者がいましたが、その後も順調にやっています。

家業を継ぐことは転職とは違うのではと言う話もあると思いますが、のちに触れる話題と関わりがあるので、敢えてここでは成功例としてあげました。

次に、大学の同級生で、出身地(九州)の大企業に就職がかなった友人が、配偶者の実家の事業に関わることになって数年後に転職しました。

7年ほど前に久しぶり会いましたが、仕事も順調で満ち足りた生活をしていました。

また、2年ほど前に私が勤めている会社を辞め、同じ業界に転職した人がいましたが、友人の紹介による転職であったこともあり、その後も順調だそうです。

その人とは、ゆっくり話をする機会があったのですが、「凄く良いタイミングで転職話が舞い込んできて、とてもラッキーだった」と語っていました。

更に、私の知り合いで大学卒業後に何となく飲食業界に就職し、将来性を考えて他の仕事を検討していた人がいましたが、仕事上で知り合った人から誘われて全く別な業種に転身した人がいました。

誘ってくれた人が実力者だったこともあって、転身後は給与にも恵まれ生活レベルも上がったと喜んでいました。

このように、家業などを継ぐケースやツテやコネを利用して転職するケースでは、多くの場合、成功しています。

そして、成功する例はこれらに限らず色々あります。

私の幼馴染で、大手金融機関に就職が叶って、エリート街道を歩んでいた友達がいました。

しかし、現実は過労死するくらいの過酷な労働を強いられる毎日で、悩みに悩んだ末、給料はかなり安くなるものの、安定してゆとりをもって働ける公的機関に転職しました。

その後、前職よりも働き甲斐があると感じ、転職して本当に良かったと語っていました。

うまく転職できた理由を聞いたところ、前職に勤めながら事前にしっかりと調べてよく吟味してから踏み切ったのが良かったのだろうと言っていました。

また、私が勤める会社を退職した人で、既に定年が見えてくるくらいの年齢で転職したケースがありました。

この人は、長年同じ業務に就いていたことから、その分野における専門性にはとても長けていましたが、在職当時から業務の関係で社外の人と接することが多く、その分野では太いパイプを持っていました。

そして、そのパイプをうまく利用して転職先を見つけ、タイミングを見て自らの意思で転職して行きました。周囲からは、「あの人は、うまいことやった」と言われています。

どんな人が転職に成功している

このように、いくつか成功例を挙げてみました。

読んでいて気付いたと思いますが、圧倒的に多いのが、ツテやコネを使った転職です。

紹介なども同様ですが、仲介者を通して確実な転職先を選べるという点が成功のカギだと言えそうです。

従って、もし可能であれば自分が持っているツテやコネなどを最大限に利用して、職を探す方法がベストと言えましょう。

とは言え、現実はそんなうまく紹介してもらえる転職話がやたらと転がっているわけではありませんから、自分で成功させるしかないのが一般的です。

では、ツテやコネがない場合、どういう人が成功しているのでしょう。

上記の例にはほとんどありませんが、よくよく見れば、成功している人の多くは、前職を辞める前からきちんと準備をして、十分な情報を集めながらしっかり吟味・検討しています。

当たり前と言えばそれまでですが、仕事を軽く考えて、これとは逆に安易な転職をしてしまう人は実際にけっこういるものです。

転職の失敗例

では、失敗例について述べて行きます。

私が勤務している会社を辞めて転職して行った人は多くいます。

以前、部署が同じになったことがある会社の先輩は、体調を崩して長期にわたって休むことになりましたが、休暇中に周りに迷惑を掛けてしまった後ろめたさから職場に居づらくなって辞めてしまいました。

退職後に同種の企業に再就職したのですが、却って待遇が大幅に悪くなり、「完全に失敗した」と漏らしていました。「転職するならもっとしっかり考えてから転職すればよかった」と言っていました。

また、以前の部署で一緒に仕事をしたことがある2年下の後輩は、会社の大規模な部署再編成に伴って転勤することになりました。

転勤に不満を感じた後輩は、一大決意をして転職することになり、業務経験を活かしたソフトウェア開発事業の企業に就職しました。

しかし、仕事の内容には満足しているものの、実質的な給料は大きく減り、やり甲斐もあまり持てず、後悔していました。

部署再編成の話が出てから、実際の転勤までにはかなりの時間があったのですが、転職しようか迷っている方の時間が長く、具体的に転職活動を始めたのが転勤が近づいてからだったことが失敗だったと言っていました。

更に、一緒に仕事をしたことがある後輩のひとりの例です。

上司から「辞めたいと思うなら辞めれば」などと心のない言葉を言われたことに傷つき、仕事が嫌になって退職することになりました。

しかし、退職してから職を探すことになって、当てもない状態で活動を進めたため、却って嫌な仕事をすることになってしまいました。その後輩は、よほど後悔しているらしく、細かいことを聞こうとしても仕事の話題には触れたがりません。

上司に対する一時的な感情に流されて、冷静に転職を考えなかったことが失敗の最大の要因と言えます。

さて次は、私の知り合いの話ですが、大手製造業のグループ会社に就職して営業マンとして数年間仕事に励んでいましたが、「仕事が面白くない」という理由で、業種の異なる大手製造業へ転職しました。

転職後も営業マンとして働いていましたが、結局、転職後の仕事もつまらなくてハリがなく、転職したことに意味がなく、むしろ前の会社の方がまだよかったと漏らしていました。

この知人の場合、単純に仕事がつまらないという動機によって、漠然と転職していますが、自分の適性は何であるのかを見つめる姿勢や、何のために転職するのかという明確な目的意識が欠如していたことが失敗の要因となったようです。

失敗するケースの特徴

さて、失敗例をいくつか紹介しましたが、他にも色々なケースがあります。

そして、一つひとつの失敗例を分析していくと、そこに大きな共通する傾向・特徴があることが分かりました。

その共通点とは、

事前にしっかりと吟味せず・十分に検討しないで転職したケースに失敗が多い

ということです。

そして、その背景には、

従来の仕事に対する不満が強く、そこから逃避しようとする強い姿勢

が見られます。

これを簡単に言えば、単に「事前の準備不足」が直に失敗を招いているとも言えます。

しかし、そこには、”今の仕事から逃げたい思いから冷静さを欠いて、対局が見えにくなっていた”という二次的な要因が強く影響する傾向がうかがわれます。

辞めることに意識が偏ってしまい、結果として適性の合わない職に就くなんてことも多くなるのですね。

そもそも転職の理由にはいろいろありますが、”現在の仕事に不満がある”、類はとても多くあります。

それもそのはずで、現状の仕事に満足できるのであれば、そもそも転職する必要性はないからです。

そして、現在の仕事に不満があるという人の中でも、仕事がきつい、精神的に苦しい、職場で疎外感がある、待遇がひどい、給料が安い、などの理由があると、「直ぐにでも辞めて転職したい」という強い思いも出てくるものです。

この追い込まれた状況が、”逃げるように辞めて転職する”という流れを生み、結果としてゆとりの持てない転職活動となってしまうのですね。

「隣の芝は青く見える」のように、「他の会社なら今の会社より絶対にいい」との先入観が先立つのでしょう。

他の会社はどこでも、素晴らしい会社のように見えてしまう訳ですね。

ところが、世の中には、外からよさそうに見える会社でも現実はそれほどでもない場合はよくあります。
理想と現実は違うのですね。

例えば、労働者を守るための法律は整備されていますが、実際は法に触れるようなケースは数多くあります。

転職者からいろんな話を聞いていると、外から見れば立派な企業と見られているような大企業でも、不当な労働がされていることをよく耳にします。

また、過労死が起因となってニュースで大々的に報道され、不当労働の実態が明るみになることがありますが、それは氷山の一角です。

法を順守することは当たり前のことですが、現実には目立たないところでいくらでも不法行為はあります。(本来あってはいけないことですけど現実です)

いわゆる事実上のブラック企業。こんなのどこにでもあるんです。

だから、うわべの情報だけでは分からなことも多いのです。

上記で、ツテやコネ、或いは紹介によって転職したケースや、家業などを継ぐケースで多くの人が成功しているのは、実は仲介者を通して、転職先の情報がよく分かるからにほかなりません。

従って、転職をするのなら最低でも、しっかりと転職候補となる企業の情報を集め、よーく吟味して冷静に判断することが大切と言えます。

少なくとも、冷静さを欠いて慌てて転職するのは避けるべきです。

今の仕事に励む中に、同時進行で転職活動を進めるのが理想と言えるでしょう。

転職を考えるなら

以上、私が耳にしてきた転職経験者の話をもとに、転職に失敗する人の特徴や傾向について述べてきました。

これらのことから、もし転職をするのなら、

辞めることばかりに気をとられず、転職先について冷静にゆとりをもってしっかりと吟味・検討することが何より大切

と言えましょう。

心構えやスタンスとしては、

今の仕事が嫌だから辞めて転職する

のではなく、

もっといい仕事をしたいからよりよい仕事を求めて転職する

という前向きさが大事です。

そして、具体的に転職を進めるのであれば、転職支援サイトを利用するのがいいと思います。

先日、厚生労働省が先日発表した、実際の就職に利用したサービスの内訳では、従来から広く利用されてきたハローワークはわずか12%でした。

しかし、就職支援サイトを利用した人は4割弱に及び、以前と比べて、その多くを占めていることが分かります。

この数値は、転職に限らない就職全般に関する数値ですから、転職に限って言えば、この割合よりも更に高い利用率と言えるでしょう。

換言すれば、これだけ多くの人が利用するサービスということは、そこに便利さがあるからこそです。

利用しない手はないのではないでしょうか。

そして、実際にそういった転職支援サイトを調べてみると凄くうまくできたシステムだと感じます。

私が特に凄いと思うのは、リクナビNEXTです。

さすがは、この分野で歴史も実績もある大手リクルート社が手掛けるサービスだけあって完成度が高いですね。

求人情報数が日本で最大級。

しかも、最新の人口知能技術を用いた適性判断の仕組みを早いうちから導入しています。

リクルートは就職事業に関する歴史は長く、実績も多いため、信用もできます。

リクナビNEXTこそ、ぜひ利用したい転職支援サイトです。

ところで、よく知らない人が抱く

転職支援サイトはお金が掛かるのでは?

という疑問がありますが、思い切り勘違いしています。

人材を欲しいのは会社や企業側。お金を出してでも人材が欲しいのです。

この種の支援サービスは人材を求める企業や会社がお金を支払っていますから、職を探している側は無料なんです。

よく考えてみて下さい。

企業や会社が、宣伝効果の大きい求人広告を出せば、その広告費は凄い額になります。

また、どんな人材を必要としているかは、企業秘密みたいな側面がありますから、あまり公にはしたくないんです。

だから、募集する会社側は、転職支援サイトを運営する会社に、それなりのお金を払ったとしても、却って有効な求人活動ができるのです。

職を探す側は、利用料など掛かりませんから安心してサービスを利用させて貰いましょう

転職への流れはとてもシンプルです。

まずは、リクナビNEXTのサイトへいって無料会員登録します。

そして、自分の職歴・キャリア、特技、専門分野、技量、資格などを記入してアピールしておきます。

すると、人口知能が膨大な求人情報の中からあなたに合った職を選んで勧めてくれます。
仕事って感覚的な好き嫌いよりも、長期的には適性が大事ですから、これってかなり重要ですね。

次に、”お勧め”のあった企業をもとに気になる企業を探して、”気になる登録”をします。
あとは、そういった企業から連絡が入るのを待つのが基本の流れになります。

中には、求人内容がぴったりマッチングすると、求めている企業から直ぐにオファーが来ることもあるそうです。

いずれにしても、膨大な求人情報を利用できるのは大きな魅力。

転職を少しでも考えているのであれば、まずは無料会員登録をして、色々と求人情報を見てみるだけでも有益な情報がたくさん得られると思います。

もしも、良い企業が見つかれば転職

そんな、気軽な思いも必要かも知れませんね。

リクナビNEXTのサイトへ行って無料会員登録から始めて見てはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。