少しの降雪でも、必ず車のワイパーを立てよう!

降雪時に自動車のワイパーを立てているでしょうか。中には、何でワイパーを立てるのか、その意味を知らない人もいるでしょうし、単に、降雪対策の1つとして、一般に言われているから立てている、という人もいることでしょう。

いずれにしろ、その意味を実感を持って理解している人は少ないのではないでしょうか。ここでは、ワイパーを立ておかなかったことで、実際に味わった私の苦い経験を、リアルな体験に基づいて書きたいと思います。

何のために立てる?

その体験をしたのは、私がまだ東京に住んでいた学生の頃のことで、アルバイトで稼いだお金を貯めて、やっとのことで初めて買った自動車についてですが、当時はまだ自動車に関する知識も乏しく、雪が降ることもあまりない東京に住んでいたこともあって、降雪時にワイパーを上げるなんてことは、全く知識もなく、やることもなかったのです。

すごい力が加わる

そんなある日、東京では珍しく雪が降り積もった時があって、私の記憶では7~8センチくらいの積雪だったと思いますが、車に乗ろうと駐車場へ行って、初めてワイパーが折れていることに気付いたのでした。

状態としては、フロントガラス用の2本のワイパーのうち、1本が付け根付近から折れていて、そのフレームは既に完全に外れている状態でした。

それは、あたかも大きな力でもぎ取られたかのような感じで、その力がいかに凄いかを物語っていました。

フロントガラスには雪は残っておらず、積もっていた雪が傾斜したフロントガラス上を、雪崩のように滑り落ちていった痕跡が残っていました。

要するに、フロントガラスに積もった雪は相応の重さがある上、それがある瞬間に一気に滑り落ちることで、ワイパーのような金属フレームですらも、折ってしまう力が生じるというわけです。

折れてからでは遅い

ここまで読んで頂ければ、雪の重みと滑り落ちる力が、ワイパーをもへし折ってしまうことを、より実感を持って理解して頂けるのではないでしょうか。

この時のワイパーの破損で、ワイパーをまるまる一本交換する形となり、部品代と工賃をあわせて、修理費が一万円を超えたと記憶しています。

当時、まだ学生だった私にとっては、非常に痛~い、痛~い出費でしたので、その後は、少しの雪であったとしても、必ずワイパーを立てるようにしています。

降雪によるワイパーの破損は、たとえ雪国でなくても、また、大雪でなくても起こり得ることです。

ひとたび破損してしまえば、余計な修理代が掛かってしまいますので、「これくらい大丈夫」というような楽観視はせず、少しでも積もるようであれば、必ずワイパーを立てておくようにしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。