道路環境の改善は管轄窓口へ気楽に連絡を。危険な場合は即刻対応して貰える。

自動車を運転していても、自転車に乗っていても、歩道を歩いていても、道路に関わる環境が良く無いと思ったことはないでしょうか。ひどいケースになると危険が伴うこともあり、思わぬ事故につながるような状況もあります。

こんな状況を目にした時、自分には関係ないと思ってしまったり、誰かが改善してくれるだろうと考えてしまったりすることも多いと思います。

しかし、改善して欲しい状況があれば、管轄窓口へ一報するだけの手間ですから、誰でも簡単にできることなのです。

重大さを認識

私がこのことを知り、重要だと認識を持ったのにはキッカケがありました。

2ヶ月ほど前のある日、職場の人が
国道沿いのガソリンスタンドに立てかけられていた大きな看板があるせいで、ガソリンスタンドに入って来る車と接触しそうになった。歩行者が看板の陰になって見えづらく、とても危ない。
ともらしていました。

そこで私は
どこのガソリンスタンドですか?
と問うと、ちょうどいつも通っている国道沿いにあるガソリンスタンドであることが分かり、そんなに危ないとは、いったいどういう状態なのかと気になり、国道を通るついでに見てみました。

するとその大きな立て看板は、人間の背丈ほどもする高さで、横幅も見たところ120cmくらいありそうで、国道とガソリンスタンドの間に位置する歩道の部分においてありました。

確かに、看板の裏側に歩行者が歩いていると、ガソリンスタンドに入ろうとする車両からは死角になって見えず、非常に危険で、ともすれば歩行者をはねてしまうことにもなりかねないことが分かりました。

そして後日、その職場の人は、
改善してもらうために、国道の管理事務所に依頼した
と話していましたが、その話を聞いた後に現場を見た時には、既にその看板は撤去されていました。

即刻対応

それからさらに数日後、その職場の人に
例の看板は撤去されていましたね
と語りかけると、
管理事務所に連絡した翌日には対応してもらった
とのことで、正直、その対応の早さには驚きました。

というのも、市町村や都道府県などに対して、何か意見や提案をした場合は、どちらかというと
貴重なご意見ありがとうございました。検討させて頂きます
と言った感じの反応が多く、同じ公的な機関なので、即時に対応して貰える印象がなかったからです。

聞くところによれば、道路が国道の場合は国道の建設事務所などが管理していて、同様に、都道府県道の場合は都道府県庁の所轄にある事務所、市町村道の場合はその市町村の管轄下にある事務所がそれぞれ管理しているそうです。

いずれの管轄機関も、道路を維持管理する義務を負っていますので、道路の不備に関わる問題は責任問題にもつながることから、対応は迅速だそうです。

そんなことを聞いていた私は、植木の陰に隠れている道路標識(冒頭の写真)を見つけたので、さっそく連絡してみることにしました。

道路標識に関して言えば、警察の窓口にも標識の不備に関する連絡窓口があるので、そちらでも良いとは思いましたが、道路の管理全般は建設事務所が管理しているとのことなので、そちらに連絡しました。

実際にその標識があったのは、県道でしたので、長野県庁の管轄下にある建設事務所に電話をいれたところ、とても親身な対応をして貰いました。

そして、その不備に緊急性があるかどうかを聞いて来たので、
冬期は落葉のため大きな問題とはならない。危険という意味では緊急性はない
旨をこちらが告げると、
対応は先になりますが、現場の確認は明日にでも行います
とのことで、とても迅速な対応をして貰えるものだと感心したくらいでした。

それから4日~5日経過した頃その場所を見てみると、しっかりと対処していて、きちんと標識が見えるようになっていました。(下の写真)

この対応を見て、その迅速さには正直驚いたくらいでした。

処置されて、きちんと見えるようになっていた。

標識を隠していた木は、根元から切断されていた。左は標識の足。

気軽に一報を

今回の1件で、道路上の不備というのは、実際にその道路を利用している人でないとなかなか気づかないものなので、その道路を利用する人からの情報を管理者側は待っているような印象を受けました。

そして、管理者側の対応はとても丁寧であり、且つ、危険性の高い問題や緊急性を要する場合などは、かなり迅速に対応して貰えるものだと感じました。

一般の道路は、誰しもが日常的に利用している公的な設備のひとつですが、もし何かしらの不備や改善点があれば、それは間接的に事故などに発展しかねない要因になります。

管理する窓口に一報することはとても気楽にできることですし、丁寧に対応して貰えるわけですから、せめて自分の生活圏にある道路に関わる不備を見つけたら、躊躇することなく管理窓口へ一報すべきだと感じます。

道路の不備に関しては、国道、都道府県道、市町村道によって管轄が異なりますが、それぞれ各自治体のもとにある建設事務所などが管理していますので、連絡先を調べて一報するだけのことです。

道路標識に関する不備であれば、警察にも専用の窓口がありますから、そちらに連絡してもよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。