高速道の長距離運転における究極の居眠り対策は、やっぱりこれ!!


長距離運転で高速道路を運転して行く時に、付きまとうのが睡魔との戦いです。
コーヒーを飲むとか、ガムを噛むとか色々対策があります。

しかし、それらよりもはるかに優れた究極の居眠り対策があるのです。

仮眠こそが究極の方法

それは、仮眠を取る事です。

なんだ~ふざけるな!!そんなこと聞いてねぇよ!!
そんな声が聞こえる気がします。
でも、これは色々と試した結果に得られた、究極の結論なのです。

実はもう10年以上も前になりますが、都内から九州まで何度も運転する機会があったんですね。プライベートで。そのかず、数十回。

月に2度行くこともあり、当時は毎年走行距離5万キロなんて日々でした。 しかも、その殆どが一人で運転していましたし、いつも夜通し走っていましたので、いつも睡魔との戦いでした。

「目を覚ますとハンドルを握っていた」なんてヒヤヒヤなこともありました。
今思えば、よく事故を起こさなかったなと思います。

過去に色々ためしたが

さて、コーヒーを飲むのは常套手段ですが、覚醒効果があることは知られていますので、それなりに効果はあります。 しかし、常用しているとあまり効かなくなりますし、眠さが極まれば絶対的な効果ではありません。 また、人によっても効果に差があるようです。

私自身、一晩で20杯ほどコーヒーを飲みほしたことがありますが、最後は眠さに勝てなくなりました。

ガムを噛むのも効果がありますが、あまり、長続きしません。

時間の経過とともに眠さに勝てなくなってきます。

薬品会社から発売されている眠眠打破などの飲料(医薬品ではない)もありますが、これらは専用に作られているだけあってけっこう効くようです。

私自身が服用したわけではなく、友達が服用したので詳しく聞いたのですが、それなりに効くだけあって、逆に効力が切れて来た時の反動が大きいそうです。

効力が切れた時に一気にもの凄い睡魔が襲ってくるとのことです。ここ一番の時には役立ちそうですが、長時間運転には向かないかも知れません。

あと、激辛物を食べるとか、目の周りにメンソールとかを塗る方法も試しましたが、それなりの覚醒効果を期待するには、とても辛いもので無くてはいけませんし、目にも相応の刺激を与えるものでなければなりません。

結果としては、口の中がヒリヒリしすぎて逆に耐えられない、とか、目が開けていられないほどつらくて涙が止まらないとかで、却って運転に支障をきたす状況でした。全く、お勧め出来ません。

また、首を横に傾けて運転する方法があります。

これは平衡感覚を保とうとする作用が働くため、それが覚醒効果につながるようで効き目はあるのですが、なにせ運転自体が危なくなるのでお勧めは出来ませんし、決してやらないで下さい。

更に、自分自身を強くつねくるとか、尖ったものでつつくといった方法がありますが、継続的にはなかなか出来ないことですし、耐えがたい痛みでないと効果はあまりないのでつらいだけです。

仮眠以外で効果的な方法

まっとうな方法でこれは一番効果があるなぁと思う方法は「せんべい等を食べる」ことです。

ガムと変わらないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実際に試してみると違います。

少し硬いものを噛むことで、脳へ伝わる刺激が効果につながるようです。

また、口へせんべいを手で運ぶ動作が伴うことも効果につながっているようです。

せんべいを食べる方法は、多くの方に効果を実感して頂けるのではないかと思います。

ただし、長距離運転ですとせんべいをそれなりに買い込む必要があるのと、食べ過ぎて肥満につながったり、食生活が乱れたりする可能性があります。

そんな、反動を気にされないのであれば、けっこう使える方法だと思います。

最終的に睡魔には勝てない

結論として言えることは、睡魔には勝てないということです。

人間には、食欲、性欲、・・・・・等様々な欲求がありますが、その中で最も強い欲求が睡眠欲だと言われています。

この欲求は、生命を維持する上での本能的なものですので限界があるのは所詮当たり前です。

冒頭で記述した「仮眠を取る」ですが、1、2時間くらい睡眠を取りたいところですが、それができなければ、たった5分、10分でもいいのです。ほんの少し仮眠を取っただけでも眠気が全然違うのです。

仕事の休み時間に少し仮眠を取っただけで、それ以降の仕事の効率が全然違った!なーんて経験は誰でもお持ちかと思います。ほんの少しの睡眠だけでも大きな効果があるのです。

一旦、眠たら起きれなくなるかも知れないと心配される方もいらっしゃるでしょうが、緊張感を持って運転しているのであれば、スマホ等の目覚ましさえ使えば起きられます。

起きられないくらいなら、むしろしっかりと睡眠を取るべきでしょう。

眠気を感じたら、迷わず「仮眠を取る」
これを常に頭に入れて置くとことが大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。