ワードの表でも表計算ができる。

ワードで作成する文書中に、表を書くことがあるかと思うのですが、この表においてもエクセルのように表計算ができるのです。

表計算といえばエクセルなので、エクセルを使って表計算をする方は多いと思いますが、文書の性質上、ワードを使う方が望ましい文書の場合にはとても便利です。

こんな私も、実は、以前はこの機能を知らなくて、日々の業務では、わざわざ自分で計算していたのです。表としては、本当に小さい表なのですが、なんと言っても、いちいち計算するのが煩わしくて、いっそうのこと、エクセルに変えようかとも思っていたくらいです。

そんなある日、もしかしたら、計算させる機能ぐらいあるかも知れないと思い立って、いざ調べてみたところ、やはり、便利な機能ってあるものなんですね。実際に使ってみたら、自動で計算されるのって、やっぱり便利ですね。

以下、ワードの表における、表計算の仕方を簡単に説明します。

まず、ワード中に表が書かれているものとして、表の中で、計算式を記述したいマス目にカーソルを持って行きます。(下図)

計算式を記述したい表

すると、リボン上にレイアウトタグが現れるので、これをクリックします。(このタグは、表中のマス目をクリックしないと現れません)

クリックするとリボンのデータコマンド内に「fx 計算式」というコマンドが表示されますので、これをクリックします。

計算式記述用のウィンドウ

計算式を記述するためのウィンドウ「計算式」が現れます。このウィンドウ中の計算式欄には、候補の計算式(ここでは「=SUM(ABOVE)」)が表示されますので、内容を確認してOKをクリックします。

ここで、他の関数を選びたい場合は、関数貼り付け欄から選んで記述します。計算対象となるマス目は通常、ABOVEやLEFT等を使って表中の位置を記述します。

この例では、ABOVEなので、計算式を記述するマス目より上の、すべてのマス目が対象となります。つまり、計算式より上(ABOVE)にあるマス目の数値を全て足す(SUM)ことになります。

計算結果が自動で表示される

OKをクリックすると元のワードの画面に戻りますが、計算式の結果が表中に反映されているのが分かります。

ワードの場合は、エクセルと異なり、標準の関数は限られていますし、基本的にABOVE等を使ったマス目の指定しかできません。これでは、ちょっと複雑な計算ができないように思われます。しかし、実はエクセルと同じようなセル番号の記述ができるので、けっこう自由度の高い記述が可能です。

ワードの表中の位置を表す番号は、下記のようにエクセルと同じで、行が1,2,3等の数字、列がA,B,C等のローマ字になります。

A 1 B 1 C 1 D 1
A 2 B 2 C 2 D 2
A 3 B 3 C 3 D 3
A 4 B 4 C 4 D 4
A 5 B 5 C 5 D 5

下の図を見て下さい。赤で囲ったB5に相当するマス目に、B1からB4に関する計算式を記述することにしましょう。赤で囲ったマス目にカーソルをあて、同様に「レイアウト」-「データ」-「fx 計算式」をクリックします。

エクセルのセルに見立てる

前と同様に「計算式」ウィンドウが開くので、計算式欄に、例えば「=B1+B2+B3+B4」のように記述します。(下図)

エクセルのように記述

「OK」をクリックして元の画面に戻ります。

計算結果が反映された

図のように、計算結果が反映されているのが分かります。

このように、ワードにおける表でも、エクセルと同じように表計算ができます。そして、「計算式」ウィンドウの表示形式欄で所望の形式を指定すれば、表示形式も指定できます。使い方しだいでは、いろいろな使い方ができますので、うまく利用してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。