さんざん車を乗り回していた私が、用意しておきたいと感じるカー用品3点。

かつて、車が生活空間という生活を、何年にも渡って続けてきた私ですが、そんな私が、やっぱり用意しておきたいと思うカー用品を3点選んでみました。

普通のドライバーには不要だと感じるものもあるでしょうが、車が大好きなんて方には、大きくうなづいてもらえるのではないかと思います。

クリンビューEX

これはカー用品というよりも、ズバリ商品名そのものですね。超ロングセラーのウィンドウ用クリーナーなので、知っている方も、使っている方も多い定番商品です。

定番商品とはいえ、これは絶対用意しておくべき必需品なので、あげさせてもらいました。安全運転に絶対欠かせないのは、安全確認ですが、安全確認に欠かせないのが良好な視界です。

クリンビューEX

フロントガラスには、なんだかんだ言っても油膜が付くわけですが、この油膜が目障りで、視界の妨げにもなり、誰しもきれいにしたいと思うはずです。

しかし、しつこい汚れだと、ウィンドウォッシャ液だけではきれいにならないのが問題で、こんな時の強い味方がクリンビューEXです。サーッと吹きかけて、ワイパーをかければ、ものの見事にキレイになります。

いやいや、少しくらい汚くても、見えれば問題ないじゃん」と、油膜を甘く考えている方もいるかも知れません。しかし、油膜があると、日差しなどの光のかげんで、視覚上、安全を脅かされる恐れもありますので、ウィンドウは常にきれいにしておくべきです。

ウインドウがきれいだと、視界がスッキリするだけでは無く、気分もスッキリするものです。そんな、きれいなウィンドウのために、ぜひ持っておきたいのが、クリンビューEXです。

ブースターケーブル

バッテリがあがってしまった!セルが回らない!」なんて経験は、長年、自動車を運転して来た人であれば、一度や二度は経験していることだと思います。

バッテリがあがった時に、わざわざロードサービスなんかは呼びたくないですし、近くにバッテリを売っている店があるとも限りません。

ブースターケーブル

しかし、ブースターケーブルさえあれば、バッテリの心配もしなくて済みます。

一般に、車両が移動する範囲であれば、近くに他の車両もいるものですし、たとえいなくても、待っていれば通りかかるものです。また、たいていのドライバーは、事情を説明すれば救済してくれます。

しかし、たとえ近くに救済してくれる車両があり、協力してくれるドライバーがいたとしても、ブースターケーブルがなければ、対処しようがありません

私も、過去に2回ほど助けられた経験がありますし、他の人を助けたことも3回あります。それも、ブースターケーブルを持っていたからこそできたことです。

これは、もしもの時のカー用品なので、決して使用頻度は高くないのですが、いざという時にとても役に立つものです。小型で重量のないものですから、車両内に常備していても邪魔になりません。ぜひ用意しておきたいものです。

車載用インバータ

これについては、「そんなのいらないよ!」という方は多いと思います。しかし、かつての私のように、車が生活空間という人や、日の大半が車両の中なんていう人には、おススメしたい商品です。

これは車のバッテリDC12ボルトを、家庭用の交流100Vに変換してくれるグッズですが、最近は何かと小型家電と呼ばれるものも多いので、いろいろと役に立つのです。

もっとも、小型家電の中には、USBコンセントがあれば十分なんてものも多くありますし、USBコンセントを標準装備している車両も増えて来ているので、以前よりは必要性が低くなっているのは事実でしょう。

車載用インバータ

しかし、AC100Vという電源は、多くの電化製品で使えるもっとも基本的な電源ですし、AC100Vさえあれば何とかなる、なんてケースも少なくありません。

そんな、ツブシのきくコンバーターですから、車を多用する人にはおススメです。特に、どこへ行くのにも車を利用する人や、車内で寝泊まりするのが日常茶飯事、なんて人には絶対におススメです。

以上、私が用意しておきたいと感じるカー用品3点を挙げてみました。あなたのカーライフの参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。