肥満は万病のもとの一部を実感。

一般に「肥満は万病のもと」とよく言われていますが、その一部を実感することがありました。

それは、毎年、定期的に受診している職場の健康診断で、体重が減少したことによって、診断結果が改善したことによります。

昨年までは、ある検査項目で要経過観察が出ていて、その状態が既に何年にも渡ってずーっと続いていましたが、本年の健康診断では、遂にその「要経過観察」の診断結果が無くなったのでした。

診断結果に慣れてしまう

何年も前に、初めて「要経過観察」との結果が出た時は、「気を付けなければ」との意識もあったのですが、父親が医師である友人にそのことを話すと、「年齢を重ねて行けば、誰でもどこか、体に不調な部分が出てくるものだ」との一言もあり、また、腹部に脂肪が多いものの、体型そのものは肥満と分類されるほどではなかったので、危機意識としてはそれほど強いものではありませんでした

そして、毎年のように同じ結果が出ていたことで、そのような診断結果にも、いつしか慣れてしまったこともあり、「『要経過観察」だから病気になった訳ではない」という感覚で、危機意識も次第に薄れて行きました。

気にはなるものの

そうとは言え、気にはなるもので、昨年の検診では、要経過観察の原因といわれていた肥満を改善するために、カロリー管理による減量を実施して臨みました。

しかし、結局「要経過観察」という結果は変わらず、それなりに減量したにも関わらず、状況が改善しなかったことに、焦りみたいなものを感じていたのでした。

減量により改善

そこで、本年の健診こそは、と気持ちを改めて更に減量に励んだところ、今までなかなか切ることが出来なかった、70kgの大台を割ることに成功し、その状態のまま健康診断を受診することになりました。

結果としては、その減量が功を奏し、今まで何年にも渡って出ていた「要経過観察」という診断結果に、終止符を打つことが出来ました。

このことで感じたことは、今までは単なる理屈として「肥満は万病のもと」だと思っていたことが、より実感を持って分かったことです。

【関連記事】ダイエットの基本はカロリー量を知ること。高カロリー品こそ要注意

そして、「いつかは改善しないと」と、何年にも渡って思い続けてきたことが、ついに改善できて、非常にスッキリした思いをしました。

それと同時に感じたことは、単に診断結果に反映されただけではなく、万病のもとそのものを改善することができたのは、自身の健康にとっても、本当に良かったということです。

もし私のように「そのうち改善しよう」などと、漠然と考えている人がいれば、直ぐにでも改善することを強くお勧めします。それは、改善できたからこそ、「そのうち」をそのままにしなくて良かったと強く思えるからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。