花粉症による鼻づまり対策には「鼻孔拡張テープ」が意外と効く。

花粉が飛散する季節になると、何かと悩まされるものですが、その悩みのひとつに鼻づまりがあります。

症状が軽いうちはまだよいのですが、悪化してくると口で呼吸しなければならないような時もあり、その不快感はとても嫌なものです。

花粉症などによる鼻づまりには鼻孔拡張テープが便利

そんな鼻づまりの症状が起きた時の対策には、鼻孔拡張テープを使用するのがとても有効です。

花粉症の症状

花粉症による症状には、鼻水や鼻づまり、咽の痛みや、目のかゆみなど色々ありますが、ひどいものだと体のだるさや疲れなどにもつながり、非常に嫌なものです。

これらの対策としては、アレルギー対策用の薬を飲んだり、点鼻薬や点眼薬を用いたりと、医学的な処置をすることもあります。

また、マスクをしたり、ゴーグルをしたり、或いは花粉を持ちこまないなど、花粉を排除しようとする方法も一般的になっています。

しかし、これらの対策には自ずから限界があり、たとえ薬を用いても、症状を完全には抑えられないものですし、花粉を排除しようとしても100%塞ぐのは無理ですから、どうしても症状は出てしまいます。

先日などは、私の職場の、ある管理職が、花粉症による症状があまりにもひどくて、急きょ仕事を休んだことがありました。

ちょうど花粉の飛散量が増えてきた矢先のことでしたが、出社後も体調が悪そうな様子で、花粉症による症状の深刻さを物語っていました。

鼻づまりはつらい

このように、色々な症状で悩まされる花粉症ですが、その中でも「鼻づまり」は深刻となる場合があります。

鼻が詰まってしまうと呼吸ができませんから、仕方なく口で呼吸することになりますが、それだけでもとても不快な思いを抱きます。

しかも、こういった鼻づまりは、日中活動している時よりも、就寝時に身体を横にして寝る体勢をとると、症状が現れるケースが多くあります。

私もそうなのですが、起きている間は鼻の空気の通りが悪いなぁと感じることはあっても、完全に鼻が詰まってしまうことは殆どありません。

しかし、寝るためにベッドの上に横たわった途端、急に鼻が詰まって、呼吸ができなくなることが多いのです。

寝ている間に鼻で呼吸ができないと、起きている間に鼻で呼吸ができないよりも、もっとつらく、仕方が無く自然と口で呼吸するようになるのですが、そのことによって眠りは浅くなりますし、翌朝には乾燥により口の中が乾くだけでなく、咽がとても痛くなってしまいます。

単なる鼻づまりだけですら、不快感を味わうものですが、これに起因して喉まで痛くなるのは非常に嫌なものです。

同じような症状で悩まされる人は、誰しも何とかしたいと思うのではないでしょうか。

鼻孔拡張テープが効く

さて、そんな時に、効果を発揮してくれて、とても役立つのが鼻孔拡張テープです。

これは、鼻の上にテープのようなものを貼るだけの商品なのですが、意外と効果が出るのです。

鼻孔拡張テープは、鼻に貼り付けるためのテープになっている

鼻孔拡張テープを一見すると「こんなの本当に効くの?」と疑問を持つ人もいるかも知れません。

事実、私も使う前までは「こんなの役に立つのか?」と疑問を抱いていました。

説明書きには「貼るだけで鼻孔を広げ、鼻通りがスッキリします」と書かれていますので、鼻孔を拡張する作用によって解消されるようですが、頭で原理は理解できるものの、本当かと言う気持ちが拭えずにいました。

しかし、実際に試してみると、鼻の通りがよくなり、鼻づまりが緩和され、就寝時に口で呼吸する必要がなくなり、ぐっすりと眠れるようになりました。

昨シーズンから使うようになったのですが、飛散のピーク時など、症状がひどくなる場合に、必要に応じて貼るようしています。

今シーズも、飛散量が多くなって、症状が悪化してきた先日、ついに就寝時に鼻が完全につまってしまいました。

すかさず、鼻孔拡張テープを用いたところ、鼻の通りが改善され、苦しむことなく普通に眠ることができました。

同じ悩みを持っている方には、ぜひ鼻孔拡張テープをおススメします。

普通の薬局でもリーズナブルな価格で販売している商品ですから、まずは一度試してみては如何でしようか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。