「サンマリーンながの」いよいよ2018年2月にリニューアルオープンの見込み

長野市の新しい健康・レジャー施設としてリニューアルを進めてきたサンマリーンながのですが、いよいよ2018年(平成30年)2月にオープンの見込みとなりました。

(2018年2月12日追記)2月中のオープンは間に合いませんでしたが、2018年3月1日にオープンすることが正式に決定しました。施設の詳細は、新「サンマリーンながの」の施設詳細案内はこちらに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

この度、現地の工事の様子を見てきましたので、その様子を書きたいと思います。

現地を見た際に、たまたま、工事現場の人の話を聞くことができたのですが、健康レクリエーションセンター(健康・レジャー施設)の、建物自体の完成は年内(2017年12月)で、同オープンは2018年2月とのことでした。

オープン時期については、念のため、長野市のスポーツ課に確認したところ、2018年3月の予定とのことでしたし、実際にホームページ上に公開されている「健康レクリエーションセンター」の概要の資料にもそのように記述されていました。市の職員の話では、より具体的な日にち等の詳細が決まったら、ホームページ上に公開するとの話でした。

工事をしている現場の人の声の方が、より現実的な情報と考えて2月の見込みとタイトルに書かせて頂きました。

さて、施設の見た目の感じは、市が発表した基本設計案にそった作りになっているようですね。まず、トップに掲載した写真は、施設の南西から撮ったものです。建物そのものは、ほとんど出来上がっている様子が分かります。

「サンマリーンながの」の奥にあるのは、建設中の新焼却施設で、工事現場の人の話では、こちらは完成まで、まだ1年半くらいかかると言っていました。

施設の西端を南側から撮影

こちらは、施設の西端を南側から撮った写真です。建物の規模が良く分かりますね。旧サンマリーンながのと比べると、かなり大きくなっていますね。

施設を南側から撮影

こちらは、施設を南側(犀川)から撮った写真です。建物のデザインがモダンな感じですね。

施設の南側を拡大して撮影

南側から見た施設を拡大して撮ってみました。プールのスライダーが、既に出来ているのがハッキリわかりますね。

少し東よりの南側から撮影

こちらは、もう少し東よりの部分を南側から撮った写真です。解放感あるウィンドウの曲線がきれいですね。

施設を南東側から撮影

これは、施設を南東側から撮った写真です。建物自体はほとんど完成している様子が分かります。

施設と新焼却施設との間の空間

こちらは、「サンマリーンながの」と新焼却施設との間の空間部分です。

新焼却施設

こちらは、隣接して建てられる新焼却施設ですね。まだまだ工事中で、未だ骨格だけです。

施設を西側から撮影

こちらは、施設を西側から撮った写真です。複合施設がある側ですね。

施設の西側から拡大して撮影

もう少し拡大するとこんな感じです。

施設の西側の南よりを撮影

もう少し南側からみるとこんな感じです。

さて、施設の名称についてですが、市の職員の話では「サンマリーンながの」のままということでした。ネーミングライツ契約募集をしていたものの、どうも応募がなかったようですね。

隣接する公園施設の建設予定についてはまだ先のようで、予定はあまりはっきりしていないようです。
けっこう充実した感じの施設なので、オープンが待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。