子連れでスキー・スノボーに行くならリフト代がたった500円の黒姫高原スノーパークへ行こう!

「ソリしか乗れない幼児を連れて存分に遊びたい」、「スキー・スノボー初心者の小学生を連れてしっかり練習したい」、「だけどリフト代が高いので…」と思っている方にぜったいお勧めの場所があります。それは、黒姫高原スノーパークスキー場内にある黒姫ファミリーパークです。

小さな子供に適した場所は少ない

小さな子供を連れて雪遊びができるスキー場は、多くのスキー場にもあり、動く歩道が設置されていて、スロープを歩いて登らなくても済むのですが、スロープが狭くて滑走距離も短いので、ソリで思う存分遊ぼうとしたり、スキー・スノボー初心者がしっかり練習しようとしたりすると物足りません。

そこで、リフト券を購入して、存分に遊ぼう、しっかり練習しよう、と考える訳ですが、リフト代が馬鹿にならず気が引けてしまいます。

黒姫高原スノーパークこそ最適

そんな時に適した絶好の場所が、黒姫高原スノーパークにある黒姫ファミリーパークなのです。黒姫ファミリーパークは、大人も子供もひとり1日500円だけで、動く歩道を利用して、ソリやスキー・スノボーを楽しむことができますが、ファミリーパークリフトと呼ばれる黒姫ファミリー第一ペアリフト (1基)についてはこの料金に含まれているため、何度でも繰り返しこのリフトに乗ることができるのです。(黒姫ファミリーパーク外にある、これ以外のリフトには乗れません)

ファミリーパークリフトに乗って滑るエリアは、全領域でスロープが緩やかなので、中級者や上級者にのっては不満が残ると思いますが、滑走距離は相応に長いので、存分滑りたい初心者にとってはまさに楽園です。(上記のリフトの距離は808m)

ファミリーパークリフトは靴を履いたまま乗ることも認められているため、ソリを抱えて小さな子供と一緒に乗って、長距離のソリ滑走を楽しむこともできます。

ファミリーパークリフトの降り場付近

ファミリーパークリフトからの滑走領域

ここに掲載した写真はファミリーパークリフトの降り場と滑走領域の風景です。スロープが穏やかな点以外は、通常のスキー場と変わらない広さで、長い距離を滑れることが分かります。スキー・スノボーの初心者が、ゆっくりと少しずつ下りながら練習を繰り返すには、まさに打ってつけです。

乳幼児も楽しめる

動く歩道があるキッズパーク

キッズパークと呼ばれる動く歩道のあるエリアは、スロープとしては狭いものの、ソリやスキー・スノボーの他、雪用ストライダーやスノーチュービングも楽しめるため、乳幼児が遊ぶのに適しています。

キッズパーク内では、雪上ボルダリングなど、雪遊びができる場所もあり、雪上を滑る以外にも楽しめるので、小さい子にとっては、いろいろ遊べてうれしいパークです。

キッズパーク内には雪遊びができるコーナーもある

キッズパークの隣接地には無料の休息所があって、部屋の中で暖まりながら休むこともできますし、すぐ近くにレストランやトイレもありますので、小さい子を連れていても心配する必要がありません。

詳細については、公式サイトの黒姫ファミリーパークの地図をご覧ください。

左手前の建物が休息所 右手にはトイレ・休息所がすぐ近くに見える

なお、ファミリーパーク(エリア1)を少し拡張したエリア2と呼ばれる範囲もあり、一人1000円で利用できますので、リスト代を抑えて、少し滑る領域を広げたい人には向いています。

子連れでスキー・スノボーに行こうとしている方はぜひ一度、黒姫高原スノーパークの黒姫ファミリ-パークへ行ってみては如何でしょう。きっと満足して頂けることでしょう。

【関連記事】エムウェーブの無料開放日を利用してスケートをしよう!!

【関連記事】長野は寒冷地か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。