変色してしまったアクセサリーを輝かせる方法。

変色して黒ずんでしまった指輪

変色してしまったシルバーアクセサリーは、黒ずんで輝きを失い、身に着けるのをためらいますよね。アクセサリー店に持ち込んできれいにしてもらうと、それなりに結構な料金を取られたりします。

こんな場合に、家庭でも簡単に輝きを取り戻すことができる方法を、教えてもらいましたので、実際にちょっと試してみました。

試した結果は、「こんなにも簡単な方法でピカピカになるなんてスゴイ」という感じで、まさに想像以上でした。以下、試した様子を簡単に説明します。

家庭内の常備品だけでできる

まず、家庭で用意するものは

  • 熱湯を入れられる容器
  • アルミホイル
  • 熱湯

の4点だけです。どこの家庭でもわざわざ買う必要がない、常備してあるものばかりです。

方法はとても簡単

具体的なやり方ですが、まず、容器の底に、くしゃくしゃにしたアルミホイールを敷き、その上にシルバーアクセサリーを置いて、その上に塩をかけます。塩はアクセサリー全体に十分かかるくらいでいいと思います。

そして、その上から熱湯をかけるだけです。あとは、待つこと数分間。気づけば不思議なくらいきれいになっています。

熱湯を注いで一分ほど経過したときに撮影。既に、色が変わっているのが確認できる。

その後、水で洗い流して、表面をきれいにふき取るだけですが、表面を傷つけにくい布のような物を使って、磨くようにすると更にきれいになると思います。

こんな簡単な方法で、見違えるようにきれいになってしまうんですね。

処理後の指輪。しっかり輝きを取り戻しているのが分かる。

輝きの違いが明瞭

一番上の写真が処理前の指輪、一番下の写真が処理後の指輪です。写真は同じ場所で、同じ明るさ、同じ距離・方角から撮影して撮影条件による差が出ないようにしました。

ぱっと見て、輝き方が全然ちがうのが分かると思います。

もし、変色してしまったアクセサリーをお持ちでしたら、試してみてはいかがでしょうか。

ただし、アクセサリーに銀以外のパーツが使われている場合や、メッキなどがしてある場合、等はパーツが外れてしまったり、メッキがはがれてしまったりする恐れがありますので、あくまで自己判断でお願いします。

また、熱湯を扱うので火傷には十分注意してください。処理中は、少し臭いがする場合があるそうなので、換気をした方が気にならないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。