霧(きり)・靄(もや)・霞(かすみ)って何が違うの?

先日、自動車を走行中に「キリ注意」の表示がされていたのを見て「霧って、そもそも靄(もや)とは何が違うのだろう?見た目は同じではないか」と感じて、その違いを知りたくなりました。

いざ調べてみると、霞(かすみ) という表現もあり、これらは全部似ていることから、この際ハッキリさせようと思い、きちんと整理しました。

霧(きり)

霧は、大気中の水蒸気が冷えるなどして液体に変わり、微小な水滴となって気体中を浮遊するものを指し、そのような現象や状態の意味も持ちます。霧が発生すると、水滴によって光が吸収、反射、散乱され、白っぽく見えて視界が効かなくなります。

霧の定義自体は霞(かすみ) と大差ありませんが、一般的には、秋に生じるものを指して霧と呼び、春に生じるものを霞(かすみ) と呼び分けます。この呼び分けは、平安時代以降から使われるようになったもので、それより前は、このような呼び分けはありませんでした。

また、霧の意味は、気象観測上の定義としては一般の意味とは少し異なり、視程(水平方向での見通せる距離)が1キロ未満のものを指して霧と呼ぶことになっています。

霧を語源から見てみると、「務」には「手さぐりして求める意」があり、「雨」+「務」で、水気がたちこめて手さぐりして進むことを意味します。

靄(もや)

靄は、霧と同じで、大気中の水蒸気が冷えるなどして液体に変わり、微小な水滴となって気体中を浮遊するものを指し、そのような現象や状態の意味も持ちます。

気象観測上の定義としては、霧との意味を明確に分けるため、視程1キロ以上の場合を指して靄と呼ぶことになっています。

靄を語源から見てみると、「謁」には、行く人をおしとどめる意味があり、「雨」+「謁」で雲がおしとどめられて、立ち去らぬことを意味します。

霞(かすみ)

霞は、霧や靄と同じで、大気中の水蒸気が冷えるなどして液体に変わり、微小な水滴となって気体中を浮遊するものを指し、そのような現象や状態の意味も持ちます。

しかし、霧や靄が主に微小な水滴によるものを指すのに対して、霞の場合は水滴以外の細かな粒子などによるものを含む傾向にあります。

また、気象観測上では定義されていませんので、気象などを論ずる場合には霞という言葉は用いられません。

霞を語源から見てみると、「叚」は、手でベールをかぶることを示していて、かぶせて隠すという意味も持っています。「雨」+「叚」で、水気がたなびいて物の姿を隠すという意味があります。

以上、霧と靄と霞の違いをまとめましたが、同じようであって微妙に違う物なのですね。語源から見た場合、全く違う意味から生じていることは、とても興味深いところです。

【関連記事】標高・海抜・高度って何が違うのか

【関連記事】台風・ハリケーン・サイクロンの違いって何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。