長野市の天気予報が当たりにくい3つの理由

長野市に引っ越して来てから、感じることの一つに、天気予報が当たらないことがあります。
以前、東京や埼玉に住んでいた頃は、天気予報は外れる場合があったとしても、基本的には予報通りという感覚がありました。

しかし、長野では何かが違うのです。

ある日、小学校に通う息子が登校する時に、雨は降らないだろうと判断して、傘を持っていかなかった事があったのですが、登校するだけのわずかの間に、あっという間に雨が降り出して、慌てて傘を届けたことがありました。それくらい、天気が急変するんですね。

職場に、天気予報士の資格を持った方がいましたので、色々と話を聞いてみました。
結論として、予報が当たりにくい理由は、主に3つあることが分かりました。

山の天気

1つ目は、長野市は山の天気だということです。

山登りの時に、晴れていたのに急に雨が降って来た、なんて経験をされた方も多いと思いますが、山間部はそれだけ天気が変わりやすい訳です。

長野市は山々に囲まれた盆地になる訳ですが、山からの距離があまり離れていないこともあって、山の天候に近くなるんですね。

【関連記事】長野は寒冷地か?

実際に、ふだんから空を見上げていると、同じ日でもけっこう空模様が変化するのを感じます。それ位、変わりやすいのです。

範囲が広い

また、予報が当たりにくい2つ目の理由は、予報対象となる範囲が山間部を含めた広い地域になっているからです。

例えば、長野市の天気予報を見ようとしても、長野市は山間部も含んだ広い地域となっているため、予報も市内全域を含んだ平均的な予報になってしまうのです。

予報機関にもよりますが、一般に、予報を公開する場合、少し天候が悪る目になるような発表をする傾向があります。

例えば、降水確率が25%と予測したならば、実際に公開する発表は30%にしたり、同一市内で20%の地域と30%の地域があれば、実際に公開する発表は30%にしたりするのです。

これは、「天気が良いと予想して悪くなる場合」と、「天気が悪いと予想して良くなる場合」とでは、後者の方が不満が起きにくいからです。

山脈が連なる

そして、予報が当たりにくい3つ目の理由は、長野市の西側に北アルプス山脈等の山々が連なっているためです。

天候は西側から変わってくるわけですが、西部から流れてきた雨雲などが、その山脈に遮られて脇にそれるか、或いは山脈を通過して来るかによって、全く天気が変わって来るのです。

また、仮に北アルプスを越えて来ても、長野市内のすぐ西方にある飯縄山等の山々に遮られて天気が変わってしまうこともあるのです。

以上、長野市の天気予報が当たらない理由を述べてきましたが、天気予報士の説明を聞いて、なるほどなぁと納得してしまったものです。

天気って単なる上空の気圧や前線だけではなく、その土地の形状なんかも大きく作用するんだなぁ、面白いものだなぁと思ったものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。