「天地無用」って意味を間違えたら困るけど、とても間違いやすい。

天地無用と聞いて、「天と地、つまり上下を逆さまにしても構わない」という意味だと解釈している人が多いそうです。

本当は、「天と地、つまり上下を逆さまにしてはいけない」という禁止の意味を表していますが、解釈を取り違えてしまうと、全く正反対の意味になって、時には問題を起こしてしまいます。

天地無料は意味を取り違えると問題に発展する可能性がある

特に、逆さにしてはいけない運送品などを逆さにしてしまうと、時には破損や故障などを招く可能性もあり、意味を知らなかったという、単純な問題では済まなくなることもあるかも知れません。

本来の言葉の意味

まず、この言葉の本来の意味ですが、デジタル大辞泉には下記のようにあります。

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。

この記述の通り、天地無用は、上下を逆さまにしてはいけない禁止の意味が正しい意味になります。

実際に運送業者などでは、赤地に白文字などで「天地無用」と書かれたシールが、荷物の貼付用によく使われていますから、誰しも一度は見たことはあるかと思います。

調査結果によれば

しかし、数年前に行われたある調査によると、「天地無用」の意味を尋ねた結果、本来の正しい意味、即ち「上下を逆さまにしてはいけない禁止の意味」と回答した人は全体の55.5%でした。

そして、それとは全くの反対の間違った意味、即ち「上下を逆さまにしても構わないの意味」と回答した人は全体の29.2%いたそうです。(合計が100%にならないのは、その他の回答をした人がいたため)

この傾向は、回答した人の年代でも少し異なっていて、十代などの若い人が間違える人が最も多いそうですが、言葉を比較的よく理解していると言われる、60代などの高齢者でも4人に一人が間違えた反対の解釈をしていたそうです。

この言葉の場合、意味を取り違えると、全く反対の意味になり、ともすれば運送品の破損や故障を招くことにつながりかねないので、ことは重要です。

なぜ間違えるか

さて、ではこの「天地無用」の言葉を、どうして間違えてしまうのでしょう。まず、この言葉の漢字の意味から考えてみましょう。

まず「天地」を辞書で調べると(デジタル大辞泉)

書物・荷物などの、上と下。

と掲載されている通り、まさに上と下のことです。

次に「無用」を辞書で調べると (デジタル大辞泉)

①役に立たないこと。使い道がないこと。また、そのさま。無益②いらないこと。また、そのさま。不要。③用事のないこと。④してはいけないということ。禁止。「立ち入り無用」「開放無用」「貼紙無用」

と記載されています。

ここでは、「④してはいけないということ。禁止」を意味しています。

実際に、デジタル大辞泉の用例にあるように、立ち入り無用とか貼紙無用という使い方をするのは分かると思いますが、近年、実際にはこのような使い方をするケースが少なくなっているのではないでしょうか。

つまり「無用」を禁止の意味で使うケースが少ないから、意味を知らない人が多くなり、それが間違えの要因のひとつになっているのでしょう。

そして、無用には別な意味として「②いらないこと。また、そのさま。不要。」という解釈がありますが、こうした別の意味によって「上下を気にすることは不要」などと思われてしまうのも、ひとつの要因でしょう。

そして天地無用には、「天地」と「無用」の間に何も言葉が無い、つまり天地(上下)を「逆さま」にするのが禁止である、「逆さま」に相当する言葉が存在していないことが、余計に間違えやすくしているのでしょう。

仮に、「天地逆さま無用」という表現をすれば無用を「②いらないこと。また、そのさま。不要。」と解釈しても、「上下を逆さまにするのは不要」との意味になるので、少なくても反対の意味に解釈されることは少なくなるでしょう。

以上のように、「天地無用」の意味が、本来の意味とは反対に解釈されやすい理由は、無用を禁止の意味で使うケースが少ないこと、無用に別な意味があること、逆さまを意味する言葉が含まれていないことがあげられるでしょう。

実際に問題を起こすか

さて実際に、解釈を間違えやすいことで、どれ程の影響があるでしょうか。

天地無用という言葉は、一般に荷物などを取り扱う運送業界で使われます

そういう意味では、その業界で仕事をしている人、実際に荷物を取り扱う人がその意味をしっかり理解していれば良いことになります。

荷物を取り扱うような人は当然、天地無用の場合の扱いの教育はきちんと受けているでしょうから、問題が発生することはほとんどなくなります。

しかし、そうした教育が行き届かないケースや、運送業界ではない一般の人が何かの機会に運送品を扱うことがあれば、誤って天地無用の荷物を逆さまにしてしまうケースが発生するかも知れません

そういう恐れがあるせいか、最近では、矢印を使った視覚的に誰でも認識できるようなマークも用いられるようになっています。

最近は視覚的に分かりやすい矢印のマークで示す場合が多い

確かに矢印のマークがあれば、たいていの人は、矢印方向を上にしなければいけないとの認識は持てますから、逆さにしないような意識は働くでしょう。

そういう意味では、現実に問題になるケースは稀とも言えるでしょうが、正しい意味は正しい意味としてしっかり認識しておくことは大事でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。