展示会はまるで娯楽施設。普段見えない企業の一面が見られるから面白い。

モーターショウを始め、幕張メッセやお台場の東京ビッグサイトなどの展示会場では、日々さまざまな展示会が開催されています。

私も、市場動向調査の目的や、最新技術の把握を目的として、数々の展示催し会場に何度となく足を運んだことがありますし、また、新規製品のアピールのために、出展者という立場で参加したこともありました。

見学する立場と、出展する立場の両方を経験したことから、展示会がとても有意義であることを伝えたいと思います。

展示会は企業PRの場

展示会のようなイベントは、色々なジャンルのものがありますし、首都圏で開催されるものに限らず、地方で開催されるものでも種類が豊富で、大小さまざまな規模の展示会を含めると無数あり、日々いたるところで開催されています。

そんな展示会は、主に業界関係者や特定の消費者を対象として開催されているものも多いため、「そのジャンルの関係者が中心である」とか、「一般人はあまり来ない」といったイメージを持って、展示会に足を運んだことがない人も結構いるのではないでしょうか。

しかしながら、こうした展示会は実際には一般に広く公開されているものがほとんどで、通常はどんな人でも入場・見学することができます

そして、展示会の出展者は、主に企業のPR活動を目的とするものなので、イベント色が強く出ていて、見て回るだけでも楽しめ、内容によっては娯楽施設を楽しむかのように充実した時間を過ごせるものです。

特に出展者は、自社製品を宣伝・アピールするために色々な演出をするので、何かゲーム感覚で取り組める遊びや、プレゼントが当たるクジ、或いは無料で何かを体験する設備など、様々なコーナを用意することが多く、そこに居るだけでも時間を忘れてしまうほどです。

企業のPRだけあって、その企業のロゴマーク入りのちょっとしたグッズを貰えることも多く、それだけでも嬉しいものです。中には「こんなグッズを貰えるの?」何て驚くことすらあります。

最新技術に触れられる

また、実際に展示されている製品のほとんどは、市場にはまだ出ていない新製品であったり、新たに企画した開発中の製品であったりするので、その内容にはとても興味深いものがあり、見ていてもワクワクするものです。

殊に、自分自身が興味を持っている分野であればなお更のことですし、そうした最新の製品を実際にデモ体験できることもあります。一般の店舗などでは決して経験できないようなことだけあって、貴重な機会といえます。

そして、各ブースにはキャンペーン専門の派遣者や、出展者である企業の説明員がいますので、そうした人々と接していても楽しめます。

キャンペーン専門の派遣者とは、キャンペーンなどを盛り上げるために企業から依頼を受けて派遣される人なので、そうしたイベントには慣れていて、場を盛り上げるのがとてもうまいです。

また、企業の説明員は、イベントに慣れている人は比較的少なく、ある意味、素人なのですが、出展している製品については良く知っていますから、展示品について詳しい話を聞くことができます。特に、一般には知られない開発のエピソードを聞けたり、製品に関する本音の部分を聞けたり、或いは少しツッコんだ話なども質問できたりしますので、とても面白みがあります。

展示会に行こう!

以上のように、展示会は単に製品を展示しているだけでなく、何かと楽しめる要素がたくさんあります。また、イベントだからこそ体験できることや、展示会だからこそ得られる情報があります。

今まで「娯楽施設を楽しむかのように過ごせる」という感覚を持っていなかった人も、機会をみて興味のある展示会に足を運んでみては如何でしようか。けっこう楽しめて充実することが分かってもらえることでしょう。

家族のお出かけスポットとして、恋人とのデートの場として、友人と余暇を過ごす場として利用してみるのもいいと思います。

一点注意することは、たいていの展示会は無料ですから、表面上「有料」となっていても安易にチケットを購入することは避け、無料となる方法を先に調べることです。ウェブサイトから事前登録しておくと無料となる展示会などは非常に多いですし、知人にその業界の人がいれば、無料招待券は割と容易に入手できるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。