ゴキブリ退治の後始末は気持ち悪いですね。必殺の退治方法で解決!


わぁ~!ゴキブリ出現!!

すかさず、殺虫剤で撃退
いやいや、スリッパで退治

どちらも退治したあとの始末は嫌ですよね。

殺虫剤を使う場合は、噴霧タイプなので薬剤が部屋内に散布されてしまいます。
また、直ぐに死なないので、もがき苦しむ間は部屋中を走り回って、行って欲しくない場所に行ったりします。

物の影に隠れたり、隙間を通って逃げたりすると、せっかく仕留めても後始末ができない場合もあります。

赤ちゃんや小さな子供がいる家では、殺虫剤が何かにかかったままになると、舐めたりするのではと心配にもなりますね。

一方、スリッパやハエ叩き等を使う場合は、直ぐに退治することは出来ても、つぶれたゴキブリの体液が床や壁、ジュータンや家具に染み付いて気持ち悪い思いをする場合があります。きれいに拭き取れる場所でも、その後始末は気持ち悪いですよね。

熱湯で瞬殺

そこで、お勧めの方法は、熱湯を使う方法です。
これなら瞬殺できますし、薬の心配もなければ、体液の汚れもほとんど気になりません。

湯沸かしポットから、コーヒーカップに一杯の熱湯を注ぎ、そのお湯をターゲットめがけてぶちかける!
この時、一発で仕留めるとの集中力が必要ですが、直撃することができれば、まさに瞬殺です。
お湯がまともに掛かったら、ゴキブリは一瞬で動かなくなります。

仮に、一部しか、少量しかお湯がかからなくても、通常はダメージを受けて動きが鈍くなりますので、続けて第2弾を命中させれば次の瞬間には全く動かなくなります。

後始末がらく

私は今まで、この方法で何匹ものゴキブリを退治してきましたが、退治したあと、水を拭い取る感覚で後始末できるので、不快感が殆どありません。但し、ゴキブリが天井や壁際の高い位置にいる場合は、お湯をうまくかけるのは難しいので、やめた方がいいです。

失敗すると火傷のもとです。

ただ、もしゴキブリをうまく下方に誘導することができるのであれば、可能な限りお湯で仕留める方法をお勧めします。

また、電化製品等、水分が掛かっては困る物には気を付けましょう。

ところで、ゴキブリを仕留めるいい方法があったとしても、ゴキブリ自体を根絶することが出来るに越したことはありません。

しかしながら、ゴキブリの生命力は強く、一度家屋に住みつくと色々な方法を試みても、全てを根絶することは不可能に近いです。

仮に出来たとしても、隣接家屋から直ぐにまた入り込んで来ますし、集合住宅だと自分の家だけではどうにもなりません。

繁栄を抑えるにはホウ酸ダンゴ

そんな現実がありますが、私の経験上、これに対する最も効果的な対処方法は「ホウ酸団子」を使うことだと思います。

私の実家は集合住宅でしたが、そこはゴキブリ達が巣くう場所となっており、母親の「ぎゃーっ!」という悲鳴が絶えませんでした。その頃、ゴキブリホイホイを良く使っていましたが、いくら捕まえても全く解決することはありませんでした。
そんな中「ホウ酸団子」を使うようになったのですが、それ以来、明らかにゴキブリの出現頻度が下がりました。

実家を出て埼玉に引っ越した家屋はゴキブリが巣くう場所では無かったのですが、「ホウ酸団子」を予防的に使っていたためでしょうか、外から一時的に入ったと思われるゴキブリを見たことが2回程ありましたが、それ以外は全く出現することはありませんでした。

できることなら絶滅して欲しいとすら思うゴキブリですが、敵はいつ出現するか分かりません。
そんな時、この記事を思い出して、熱湯で退治する方法を、試してみては如何でしょうか。
でも、くれぐれも火傷には気をつけて下さい。

【関連記事】食器を洗うとき、やたらと洗剤をたっぷり付けていませんか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。