千曲市の「白鳥園」は温泉というより地域のコミュニティ施設。

長野に引っ越して来てから、様々な温泉に足を運んでいますが、今回、千曲市にある「白鳥園」へ行ってきました。

ここは、戸倉上山田温泉街のはずれに位置する温泉のひとつですが、温泉というよりも「地域のコミュニティ施設」と言った方がふさわしいような施設でした。

温泉地の一角

白鳥園は、千曲市内にある温泉のひとつで、直ぐ近くが温泉街になっていて、その少し外れに位置しています。源泉は、戸倉上山田温泉ですからきちんとした温泉で、その成分は低張性アルカリ性になっています。

刺激が少なく肌にやさしいお湯で、「美肌の湯」とも呼ばれているそうです。公式サイトには効能として

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢神循環障害、胃腸機能低下、軽症高血圧、糖尿病、軽いコレステロール血症、軽い喘息、または肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、睡眠障害、うつ状態など、病後回復期、疲労回復、健康増進

があると書かれています。

この付近には、色々な温泉がありますし、更にその周辺にも数々の温泉があり、とても温泉にめぐまれた地域といえます。実際、この白鳥園の名称は「湯のさと ちくま 白鳥園」とうたっていて、ちくま(千曲)が温泉の地であることが表れています。

そんな土地柄なので、温泉そのものを売りにしても、あまりインパクトが無いという一面もあり、実際、この施設の見た目はとても印象的ですが、温泉として秀でた施設というものでもありません。

むしろ、身体を癒すための温泉も兼ね備えた、地域交流のためのコミュニティ施設という表現がぴったりです。もちろん千曲市民に限らず、誰でも利用できる施設です。

温泉の特徴は薄い

では、実際の温泉としてどうなのかですが、正直なところ、温泉そのものとしての魅力はあまりありません。

つまり、温泉としての特徴に欠けるといった感じで、実際に屋内の風呂は浴槽がたった1つあるだけで、その他、水風呂と掛け湯、サウナはあるものの、それ以外に設備と呼べるものは特にありません。

外には露天風呂がありますが、少し規模の小さい風呂が1つある他は、つぼ風呂が3つあるだけで、特に景色が優れているという訳でもなく、その雰囲気も温泉というより、銭湯の露天という感じが強いです。

洗い場や脱衣所もごくごく普通で、「普通に入れる温泉」という表現が一番ぴったりでしょう。

温泉の設備は一般(施設のパンフレットより)

雰囲気的には、昔ながらの銭湯の延長といったイメージが分かりやすいかも知れません。もちろん温泉ですが…。

総じていえば、とてもシンプルな温泉で、どちらかと言えば大衆浴場のイメージが強く、敢えてメリットを上げれば街中にあって、値段も手ごろだから足を運びやすいという点でしょう。

優美な施設

さて、この施設ですが、そもそも開設された目的は、温泉というよりも「地域のコミュニティ施設」としてでしたから、その趣が強く表れています。

施設内には食事を楽しむためのレストランと、様々なイベントを想定したコミュニティカフェがあり、建物もモダンで優美な創りをしているだけでなく、敷地面積も広く明るいイメージが伝わってきます。

平成27年に施設をリニューアルしたこともあり、建物の作りそのものも、とてもきれいです。

建物はとても優美

レストランは、洋食とビュッフェを提供する「スワン」(IF)と、入浴後の食事ができる「湯あがり食堂」(2F)があり、いずれも信州の素材を活かした手作り料理が中心になっていて、色々な味を楽しむことができます。

また、コミュニティカフェ「ことのは」には、コーヒーやパンがありますが、ここは単に飲食をするというカフェというよりも、コミュニティ空間として、色々なイベントや教室が行われる場所にもなっています。

この他にも、くつろぐ無料スペースとしての大広間や、地元産の新鮮な農産物を販売する直売所などが施設内にあります。

そのような特徴から、温泉への入浴だけを考えた施設ではなく、地域を活性化するための「ふれあいの場」といった感じが強く、実際、開園は21時までとなっている点にもそういう傾向が表れています。

そのため、観光客が訪れると言う感じの雰囲気はあまりなく、実際に私が足を運んだ時も、地元の人がくつろぎに来ている感じでした。

こんな施設ですから、近くを訪れた際に、「軽く一風呂浴びて疲れを癒す」といった目的に向いています。何かの機会がある時に、こんな気軽な温泉があることを思い出し、足を運んでみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。