我が家が「おだむすび」を頻繁に利用するようになった理由。

おだむすび」をご存知でしょうか。新宿駅を中心に小田急が出店している「おにぎりのお店」ですが、「新宿駅を経由して乗り継ぐ間に食事をしたい」、「新宿駅で簡単に食事を済ませたい」などといった時にとても便利です。

おだむすびは、おにぎりを中心に扱う飲食店

我が家も都内へ足を運ぶ時には頻繁に利用するようになりましたが、そこにはいくつかの理由があります。

おだむすびとは

長野に住む私は、連休を利用して家族で実家へ泊まりに行くことが多いのですが、実家は京王線沿いにあるので都内へ足を運ぶ場合は、新宿駅へ出ることになります。

そんな時、簡単に食事を済ませるためによく利用するのが、おむすびの店「おだむすび」です。

この店は、小田急が経営している、おにぎりを製造販売する店舗で、新宿駅に3店舗、新百合ケ丘駅に1店舗あります。

特に、新宿にある西口広場店は、駅ロに面しているため利用しやすく、ちょっと立ち寄るのにとても便利です。

西口広場店は利用しやすい

ここで販売されているおにぎりには、宮城県産の「ひとめぼれ」、と瀬戸内の上質な海苔が使用されていて、おにぎりの味も美味しいです。

また、味噌汁やお茶漬け、から揚げなどちょっとした一品もあるのがうれしいところです。

おむすびの種類が豊富。

手軽さがいい

さて、この店を利用する最大のメリットと言えば、何と言っても手軽に立ち寄れる点ですが、更にそこには便利だと感じる点がいくつかあります。

具体的に感じているメリットには以下のようなものがあります。

・短時間で食事ができる
・食べる量を調整しやすい
・食費を抑制できる

以下、これらについて簡単に説明します。

短時間で食事ができる

まず「短時間で食事ができる」についてですが、店舗でおにぎりを購入して、そのまま直ぐに店舗内の座席で食事をすることができるので、短時間で食事をすることができます。

おむすびのひとつ「天むす」。店内で簡単に食事ができるのがいい。

新宿などでは、ちょっとした店に入ってもそれなりに飲食する時間が掛かりますから、急いでいる時にはとても便利です。

特に、私のようにたまにしか都内を訪れない場合は、都内で過ごす貴重な時間を少しでも有効に活用するため、ダラダラと食事をしたくないことが多いので助かります。

もちろんコンビニ等でもおにぎりは扱っていますが、工場生産のおにぎりと、店舗で握るおにぎりとでは味に大きな差があります。

食べる量を調整しやすい

次に「食べる量を調整しやすい」についてですが、おにぎりの場合、食べられる個数だけ購入すれば良いので無駄が生じにくくなります。

私のように小さい子供連れの家族の場合、子供は食べ方にムラがあるので無駄が発生しやすいですから、とても助かります。

おむすびのひとつ「ツナ」。一個単位で購入できるのがいい。

また、子供は食事のリズムが一定でないことが多いので、空腹感を感じるタイミングが家族でもバラバラになりがちです。お腹の減り具合に合せた分量を食べやすいので便利です。

小さな子供と飲食店に入って注文したのはいいが、殆ど食べないでたくさん残してしまった、なんて経験をされている人も多いハズ。

そんな小さな子供連れにとっては非常に適しています。

もし、分量が足りなければその場で直ぐに買い足すことも簡単ですし、余ればテイクアウトも出来ますから、対応のしやすい点もいいですね。

食費を抑制できる

最後に「食費を抑制できる」についてですが、新宿などでちょっとした店に入れば、それなりに食費がかさみます。

我が家のように連休などを利用して東京に出る場合は、外で食べる機会が多くなり、外食費が気になります。

そんな外食が多くなりがちな時に、食事にメリハリを付けて家計にやさしくできることが嬉しいのです。

例えば、朝食をおにぎりで間に合わせておいて、昼食をきちんとした店でゆっくりとしっかりと摂る。そんなメリハリを付けたリズムを作るのに便利なのがこの店です。

おむすびは手頃な価格なので家計にやさしい。

以上、我が家が頻繁に「おだむすび」を利用する理由(わけ)を書いてきましたが、我が家と同じような状況にある方には、特に利用するメリットが大きいのではないでしょうか。

未だ足を運ばれていない方も、こんな店があると言うことを頭に入れて頂いて、機会をみて足を運んでみては如何でしょうか。

我が家が、頻繁に足を運ぶようになった根本の理由として、おにぎりそのものが美味しいことも、もちろんお忘れなく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク