直ぐ分かるE4418A/B等のGPIBアドレス確認・設定方法

キーサイト・テクノロジー製のパワーメータE4418A/B、E4419A/BのGPIBアドレスの確認方法と設定方法を、端的に分かりやすく説明します。

E4418A等のGPIB確認・設定方法は?

対象モデル

ここで説明する対象モデルは、下記の4種のパワーメータです。
E4418A
E4418B
E4419A
E4419B

アドレス確認方法

GPIBアドレスの確認・設定は、フロントパネルから操作します。
実際に使用するのは、下記の赤、緑、青で示したボタン・キー類です。

GPIBアドレスの確認・設定はフロントパネルから操作する

GPIBアドレスは以下の手順に従って確認します。
(1)前面パネル左下のSystem/Inputsキーを押す
(2)ソフトキーRemote Interface」を押す(E4418B/E4419Bのみ)
(3)ソフトキーConfigure Interface」を押す(E4418B/E4419Bのみ)
(4)ソフトキーGPIB」を押す
(5)現在のGPIBアドレスがソフトキーGPIB Addr」文字の下に表示される
アドレスを変更しないで終了する場合は、「Prv」キーを数回押します。
※ 製造年月の違いで「GPIB」の代わりに「HP-IB」と表示されるものもあります
※ 工場出荷時のアドレスの値は13です(全モデル)

アドレス設定・変更方法

アドレスを設定・変更する場合は、以下の手順に従って操作します。(手順中の矢印キーは、フロントパネル右側にあります)
(1)上記「アドレス確認方法」の(1)~(5)を実施する
(2)ソフトキーGPIB Addr」を押す
(3)表れたポップアップウィンドウ上の現アドレス表示を確認する
(4)下記に従って表示されたアドレスを希望の値に変更する
  ・カーソルの現在位置の桁が変更対象となる
  ・左右矢印⇦、⇨キーを用いて変更対象の桁へ移動する
  ・上下矢印⇧、⇩キーを用いて数値を増減する
(5)表示されているアドレスを確認して「Enter」キーを押す
なお、GPIBアドレスは不揮発性メモリに保存されるため、上記の操作で一度設定・変更されたアドレスは、電源ON/OFFやリモートリセットでも変更されません。
※ 設定・変更可能なアドレスは0~30です。
なお、GPIBアドレスをリモート・インターフェース経由で設定するには、下記のコマンドを使用します。
SYSTem:COMMmunicate:GPIB:ADDRess
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク