9年落ちのパソコンラックが高額で買い取られたその秘訣は

写真は現物ではなくイメージです

パソコンをコンパクトなものに更新して、古いパソコンを処分したことで、パソコンラックも不用になったので処分することにしました。

それはもう9年も前に買った木製のラックで、デスクトップとモニター、プリンタを置いていました。

しかし、幅が90cmもあるので場所をとり、常々、邪魔だなぁと感じていたので捨てようと思っていたのです。

売却できないか?

しかし、いざ捨てるとなると、大型ゴミ扱いとなって有料になるため、無料で処分できないものかと思っていたところ、中古販売店で買取って貰えれば却って収益になると考えて、先日、持込み・見積もって貰ったのです。

さすがに9年も使っていたパソコンラックなので、「値段が付きさえすれば、タダ同然でも引取って貰えるからいいな」、と思っていたのです。

まぁ、せっかく買い取って貰うなら少しでも高値の方が良いから、状態だけは良くしてから持ち込もう。そう考えて、ラック全体のホコリを払ってから、全体を硬く絞ったタオルで水拭きし、可能な限りきれいにしました。

消しゴムが役立つ

全体の状態をよく見直すと、天板のところに鉛筆の跡があったので、消しゴムを使って良くその汚れを落としました。

更に見直すと、周りと少し色の違う濃い部分があったので、ついでにその消しゴムでこすってみると、表面にうっすらと付いていた何らかの付着物が取れて、綺麗になったのです。

その時「水拭きでは取れなかった汚れが、消しゴムでこすると取れるのか」と思って、他に色が若干違うようなところを何箇所かこすってみると、やはり何かしらの付着物が取れて、綺麗になったのです。

こうして、全体を見直して消しゴムでこすると、見た目は本当にキレイで部分的に見れば新品を思わせる感じすらありました。

そして、取扱説明書をまとめてしまってあった場所から、このラックの取扱説明書を探し出し、工具箱からこのラックの付属品である小さなレンチを取り出し、これら2点を添付してラック本体と共に中古販売店へ持ち込みました。

査定を依頼して待つこと30分位、提示された金額は2200円、即答でOKしました。

高価買取の秘訣は

今回、売却したパソコンラックは9年前に新品を8000円程度で購入したものですが、9年落ちの品が新品価格の約4分の1の値で売却できました

新品から9年経過した品物が、新品価格の4分の1で売却できるとは、自動車、家電、家具等の中古品を見ても、めったに無いことで、かなり高値で買取って貰えたと思います。

今回、捨てようとすら思ったパソコンラックが何故、このような高値で売却できたかを考えると、大前提として、商品そのものがしっかりしたつくりで、見た目上の傷が全くなかったことがありますが、その他の要因としては、
(1)水拭きと消しゴムで表面をきれいにした
(2)付属品を全て添付した
の2点があります。

表面をきれいにできたコツは、消しゴムを使用したことで、見た目じゃあまり分からない汚れや、拭いてもきれいにならない汚れを取ることができました。

少し手を加えるだけで違う

実は、その中古販売店で査定してもらっている最中に、店内の中古品を色々見て回ったのですが、気付いて驚いたことは、展示家具などを見ても、取れる筈の汚れを取らない状態で販売していた点です。

販売する側としては少しでもキレイにして売却すれば、高く売れる、売れやすくするはずなのですが、そのようなことをしている様子はあまりないのです。

一考して分かったことは、簡単な汚れはあまり手を掛けなくても取れますが、ある程度の汚れになると、少し手を掛けないと落ちない・取れない訳です。

つまり、手間を掛けてきれいにすれば、その分、返ってコストが掛かってしまうため、可能な範囲でキレイにはするが、必要以上にはやらない、という訳です。

このような背景があればこそ、キレイな状態ほど、高値で売れる訳ですね。消しゴムを使う方法は、それほど手間が掛かりませんから、機会があれば試してみて下さい。

そして、付属品を全て添付するということは、その商品を大事に扱って来たことの表れでもあり、本来、その商品にあるべき物が全て揃っているという意味で価値が上げるわけですね。
保管しておいてよかった、馬鹿にならないものだとつくづく思いました。

皆さんも不要になったものを売却することが色々あるかと思いますが、ちょっと手を加えるだけで買い取り額が全然変わったりしますので、ぜひ、参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。