確実に貯金を貯める方法を紹介します。

貯金をしようしようと思いつつ、実際はなかなか貯まらないものです。貯金したハズのお金が気付いたら減っている、思い描いたように貯まって行かない、そんな思いをしている人も多いのではないでしょうか。

私がかつて独身時代に採っていた、貯金を貯める手段は、知らず知らずのうちに使ってしまうことを防止することを考慮した方法で、確実にお金をためて行くことができます。

お金を貯めることは難しいことではない

私自身、この方法で30歳余までに、800万円くらい貯めることができました。以下、その具体的な方法を紹介します。

収入があると考えない

そもそもお金を使ってしまうのは、使うお金があるから、あると思うからです。ですから、使えるお金がないことにするのが手っ取り早い方法です。

年間50万円を貯めようと考えた場合、月当たり4万円を貯めなければならない計算になりますが、月の給料の手取り額から、この4万円を差し引き、残りの額が実際の手取り額であるとの認識を持つようにします。

例えば、手取り額が25万円だとすれば、「手取り額は21万円だ」と自分自身に言い聞かせ、4万円はとにかく貯金をして、残りの金額で月々の生活をやりくりするのです。

生活レベルを合わせる

「貯金分を差し引いた残額分が自分の給料の手取り」ととらえただけでは、ただ貯金をするのと大差はありません。なので、肝心なことは、その手取り額に生活レベルを合わせることです。

生活レベルを変えないのであれば、なにかしらの無理が生じて、結局どこかで、貯めたお金を下ろす羽目になるからです。

上記の例で言えば、実際の手取り額が25万円で、自分に言い聞かせる手取り額が21万円だとすると、月々21万円で遣り繰りが可能な生活をするということです。

貯金用の口座を用意する

さて、そうは言っても、実際に貯めたハズのお金が直ぐに使える状態にあると、何かあったときに、ついつい使ってしまいます。

なので、自分のお金でありながら、使いにくい状態にすることが大事です。そのために絶対に必要なことは、日常生活を遣り繰りするための生活用の口座と、貯金をするための貯金用の口座を分けることです。

会社員で勤務先に対応して貰えるのであれば、給料の振込先を複数に分けてもらうと良いでしょう。そのような対応ができないのであれば、給料の度に、一定額を別な口座に移す習慣をつけるのが良いでしょう。

貯金を下ろしにくくする

しかしながら、ただ単に、口座を複数に分けただけでは、何かあったときに、つい使ってしまう問題が残りますので、貯金をするための口座については、キャッシュカードを絶対に作らないことです。

また、ネットバンキングなども利用できないようにし、銀行の窓口が開いている時間帯に、銀行に直接足を運ばない限り、現金を下ろせない環境を作るのです。

こうすれば、安易に貯金を下ろすことはなくなり、せっかく貯めたお金に手を付けることは無くなるでしょう。

また、ボーナスが入った時や臨時収入が入った時などは、その金額の一部を、貯金用の口座に追加入金するとよいでしょう。

ボーナスなどの追加入金は、貯金を多く増やす手段として効果が大きいのですが、その際、大事なことは、無理のない金額だけを入金することが大切です。たくさん貯金をしようとして、あまり無理をしてしまうと、常日頃から生活レベルを抑えている分だけ、反動が生じやすくなります。

ボーナスくらいは自分へのご褒美として、ある程度の贅沢をした方が、月々の貯蓄へのモチベーションもあがると思います。

ちなみに、入金だけなら、通帳さえあれば、キャッシュカードが無くても、ATMで簡単に操作できますので、不便は感じません。

貯金を2段階にする

ところで、日々生活していると、一時的にどうしてもまとまったお金が必要になることはあるものです。

また、生活レベルを下げたままでは、どうしても苦しいという状況も生じるかも知れません。そんなことを想定して、貯金用の口座を口座1と口座2のように、2つ用意しておくことをおススメします。

毎月4万円の貯金を目指すのであれば、例えば、3万円を口座1へ、残りの1万円を口座2へ入金するような分け方をしておき、口座1はキャッシュカードを作らず容易に下ろせない状態に、口座2はキャッシュカードを作って、もしもの時に容易に下ろせる状態にしておくのです。

このようにすれば、口座1には確実に貯金が貯まり、口座2には状況や意志に応じた額が貯まって行くことになります。口座1への入金額は、最低限貯めたい金額から決めればよいでしょうし、口座2への入金額は、努力目標的な、上乗せしたい金額で決めれば良いでしょう。

以上、以前、私が実践して貯金を貯めた方法を紹介しました。万人に通用する最適な方法とは限りませんが、かなり有力な方法ではないでしょうか。この方法を参考にして、自分のスタイルにあった、独自の方法を考えてみては如何でしょう。

【関連記事】究極の節約術は買わないこと、お金を使わないこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。