長野市の水道料金はなぜ高いのか?

さいたま市から長野市に引っ越して来てから感じることは、水道代が高いことです。

首都圏から長野市に越してきた他の方に話を聞いてみると、やはり、同じ意見で、水道代が高いと言うのです。

長野市は水道代が高い

そこで、実際にどのように違うのか、調べてみることにしました。

使用実績で比較

まず、実際の我が家の使用実績で、単純な比較をしてみます。

さいたま市で2ヶ月36立方メータ使用した時には、10,336円でしたが、長野市で2ヶ月36立方メータ使用した時は、12,786円でした。

従って、同じ36立方メータを使用した時の差は2,450円になります。

仮に同じ水量を使い続けたとして、2ヶ月で2,450円の差だとすると年間14,700円もの差がでます。

もし、10年住み続ければ147,000円もの差が付くことになりますから、この額は大きいですし、これだけ大きいと人口減少の一要因にもなりかねないですよね。

料金表で比較してみる

さて、ここで水道局が公開している水道料金で比較してみました。

水道料金は一般に水栓の口径サイズによって、使用しなくても掛かる基本料金と、使用した水量に応じて掛かかる使用料金で決まります。

一般家庭の口径サイズは13mmか20mm、大きな世帯で25mmと言うのが大半で、実際に私が引越し前に住んでいたさいたま市の家も、現在の長野市の家も、どちらの口径サイズも20mmで、変わりありませんでした。

実際の水道料金は、基本料金と使用料金の合計になりますが、通常、水道料金は2ヶ月単位で精算されますので、20mm口径の2ヶ月当りの水道料金という形で、比較してみました。

水道料金の比較

このグラフは、横軸が使用水量[立法メータ]、縦軸が金額[円]です。

長野市地域1と長野市地域2に分けたのは、長野市は上水道が地域によって、県営水道と市営水道に分かれているためで、長野市地域1の方が市営水道、長野市2の方が県営水道を意味しています。(下水道ついては地域によらず市営水道になっています)

これを見て明らかに違うところは、基本料金がさいたま市より長野市の方が断然高いということです。

ちなみに我が家(長野市地域2)における36立方メータ使用時の差が、少しグラフと異なるのは、市営の水道局が2017年6月に値上げされており、値上げ後の数値をグラフ化したことによるものです。

料金の逆転現象

特筆すべきは、使用料の単価については長野の方が安いため、ある一定量を超えると料金の逆転現象が起きることです。

長野市地域2の場合は、使用水量が71立方メータを超えると、長野市地域1の場合は、使用水量が87立方メータを超えると、それぞれ、さいたま市の水道料金よりも安くなるのです。

水道代の逆転ポイント

しかし一般家庭でこれほど水を利用することがあるでしょうか。これは恐らく、長野市は都市部よりも農家が多く、必要に応じて農作物のために水を利用することが多いことが背景にあるのでしょう。

県庁所在地とはいえ、街中は畑や田んぼだらけで、市内の至る所に農業用の用水路が通っています。しかし、用水路を利用できない場所や干ばつ時には、農作物のための水は相応必要になってきます。

上下水道別では

さて、ここでグラフを上水道、下水道別に見てみましょう。

上水道料金の比較

下水道料金の比較

上下水道、いずれの場合でも基本料金が高くなっていることが確認できます。

面白いのは、下水道は使用水量にかかわらず長野の方が高いのですが、上水道の場合は水量が多くなると料金が逆転するのです。

そして、着目する点は、さいたま市の時は、上水使用量=下水使用量として、計算されていたのですが、ここ長野では上水使用量と下水使用量が別々に測定されて算出されていることです。

これは、上述したように、農家の占める割合が長野市の方がさいたま市に比べて非常に多いことの表れでもあります。

都市部では、上水はほぼ下水として流されるので、上水使用量=下水使用量と計算しても差は殆どないのですが、長野では農業用水に使われることが多いので、上水使用量=下水使用量として計算したのでは、畑等に使用される水の分だけ計算上の下水使用量と実際の下水使用量に差が出てしまう訳です。

以上のように、長野市の水道料金体系は農村型といえるでしょう。

なぜ料金の差が生まれる

さて、ここでそもそも基本料金に、なんでこんなに差が出るのか、との疑問が湧きます。

本件を調べる前に私は、「農村部ほど川の上流部に位置して、水源の水がきれいであることから、下流部に位置する都市部に比べると、浄水場の設備費用を下げることができるはずなので、水道料金は上流側の地域の方が安くなる」とのイメージでした。

しかし、この考え方は当てはまらず、水源の水質に関わらず、必要な浄水処理は基本的に同じであるため、設備としては大差は無く、その結果、設備費用もあまり変わらないというのが現実だそうです。

東京23区内等で水道水を飲んだことがある方なら分かると思いますが、正直、あまり飲みたくないですよね。浄水設備に差があると言うより、上水道の水質に差が出るということです。

という訳で、浄水場の設備費用に大差がないとすると、浄水場1つ当たりの利用する人口数によって、一人当たりの負担額が決まってくるのです。

都市部は人口が多い、農村部は人口が少ない、よって農村部の方が一人当たりの負担が大きくなる、ってことです。

すごく単純で、分かりやすい理由です。誰しも納得して頂けるのではないでしょうか。

実際の水道料金は世帯単位で徴収される訳ですが、一世帯当たりの平均人数は、都市部よりも農村部の方が多いため、これも基本料金の差を広げている一要因になっているのでしょう。

以上、長野市とさいたま市の水道料金の差を分析してみましたが、結論として料金差を生んでいる要因は、

農家の多い農村部では使用水量が多い世帯が有利な料金体系になっている
基本料金は、浄水設備当りの人口数によって大きく作用される

の2点が言えるでしょう。引っ越す場合や、転居地を検討される方は、こんなことも考慮して検討されてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク