長野のガソリン価格は高い!

長野に越して来てから、ずうーと感じていたことの1つに、ガソリン価格が高いということがあります。

長野のガソリン価格は高い

引っ越して来たときの印象は、リッター当り 10円は高いという感覚でしたが、ガソリンスタンドの店頭表示価格が高めに設定されていたり、居住地付近に安いガソリンスタンドがなかったりするだけなのかなぁとも思っていました。

長野のガソリン価格は高い

しかし、長野市内を色々走るようになっても、店頭表示価格に大差はなく、10円高いという相場に変わりはありませんでした。

また、色々なガソリンスタンドで給油して来ましたが、店頭価格と実際の価格の差は、以前住んでいた地域のそれと、ほとんど変わりはありませんでした。

そして、上田市、佐久市、飯山市などの長野市周辺の市町村へ足を運ぶ機会があるたびに、気にして価格を見てみたり、実際に給油してみたりしますが、たまにほんの少し安いところを見かける程度です。

それでもせいぜい2円くらい安いだけで、ほとんどの場合は長野市内と変わりません。

そんな経験を重ねて行った結果、長野そのものがガソリンの高い地域なのだと思わざるを得なくなり、ガス代や水道代だけでなく、ガソリンも高いのかとの嘆くような思いを抱きました。

首都圏の方が価格競争が激しい

今回、東京、埼玉、群馬の3県の幹線道路を走り抜ける中に、いろいろなガソリンスタンドを気にしながら見て来て、改めて気付いたことがありました。

それは、3県においては、価格の安いガソリンスタンドと価格の高いガソリンスタンドが入り混じって存在していて、その価格差が比較的大きいのです。

価格の競争があるから、当たり前と言えば当たり前なのですが、長野の場合、ガソリンスタンド間での価格差があまり無く、ほとんどのガソリンスタンドでは、ほぼ同じ価格になっているのです。

これを見て感じたことは、長野は市場の価格競争が弱い地域なのだということです。

3県の場合は、平野部であり隣接地域間での行き来もしやすいので、市場も広く、また結果として、競争相手も多くなることから、そこに自然と価格競争が生まれて、安く提供するガソリンスタンドがいくつも出来るということなのでしょう。

これに対して、長野の場合は、隣接地域も山間部や盆地にあって、周辺地域とは閉じた地形構造になっていて、結果として市場も狭くなり競争相手も少なくなることから、価格競争が弱くなるのでありましょう。

輸送コストも影響

また、もう1つ気付いた点があるのですが、3県中において高いとされるガソリンスタンドでも、長野に比べれば2~4円くらいは安いということです。

これは、競争原理が働くとか働かないとかに関係なく、ベースとなるガソリン価格が、3県よりも長野の方が高いということを意味しています。

これについて考察すると、ガソリンは、輸入された原油を海岸付近にある製油所で製油してから輸送するので、長野のように内陸にある地域ほど、輸送コストが掛かってしまうからでありましょう。

特に長野の場合は、海岸からの距離の影響もあるのですが、陸路が充実していない交通網の影響もあるのでしょう。

以上のように長野は、ガソリン価格が高めになってしまっているのが現実です。

私の場合、長野に来てから月平均74.4 リットル給油した計算になりますが、年間だと893 リットルなので、ガソリン代が10円高いとして計算すると、以前より、年間8930円分だけ多くのガソリン代を払っていることになります。

年間として考えれば、大きな差とは言えないかも知れませんが、もっと安くなって欲しいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。