スターバックスコーヒーで気軽に味見を。

スターバックスコーヒーでホットコーヒーを頼んで、いざ飲んでみると「何だこの味は?」という経験をされた方はいないでしょうか。

スターバックスコーヒーといえばコーヒーを中心とした飲食店で、高品位な飲み物を提供していて、お値段もそこそこする訳ですが、そんなお店にも関わらず「何だこの味は」と納得のできないコーヒーが出てくるのです。

コーヒー豆が変わる

私はコーヒーが好きなので、毎日飲んでいるのですが、機会をみてスターバックスをよく利用します。

単なるコーヒーに限らず、ラテ、マキアートなんかもよく飲みますが、やはり、基本のホットコーヒー(ドリップコーヒー)は飲みたくなることが多いですね。

そんな訳で、よくホットコーヒーを注文していたのですが、飲む時や店舗によって味が違うので、どうしてなのだろう…と素朴な疑問を抱いていたのです。

そんなある時、予想していた味と全く違う味のコーヒーが出されて、「全然おいしくない!」と思ってしまったのです。これでもスターバックスかよと思ったくらいでした。

そして判明したことは、ホットコーヒーの場合、使われるコーヒー豆の種類が様々で、その時々に使用される豆が異なることです。換言すれば、コーヒーの好みは人それぞれですが、その時々で色々な豆が使われるため、好みで無い味のコーヒーが出てくることもあるという事です。

豆により味わいに大差

私は、深煎りでコクがあり、苦みは普通で酸味の無い味が一番好きなのですが、これとは逆の味、特に酸味が強いコーヒーは好きではありませんので、好みでない味だとあまりおいしいと感じません。

ちなみに、様々な豆がかわるがわる使われるのは、ホットコーヒーに言えることで、ラテ、マキアート、フラペチーノなんかには、同じ豆(エスプレッソブレンド)が使われていて、味は変わりません。

さて、一般のコーヒー店などでは、豆を指定しないで単なるコーヒーを注文すると、通常使われる豆が決まっていますし、当たり障りのないごくごく普通の豆が選ばれています。

そのため、味に変化はほとんどありませんし、一般に好まれる味から大きく外れることもありません。

しかし、スターバックスの場合は、Autumn Blendの様な季節ごとに販売される豆を中心に、ちょくちょく使用される豆が変わりますので、その時々で味が変わり、その結果、好みの味の場合もあれば、そうでない場合も出て来るわけです。

季節や時期によって使われる豆が変わる

味を確認する

従って、コーヒーを頼む時には、「今日は、どの豆を使っている?」と直接店員に聞いてしまうのが良く、豆の名前を聞いてもピンと来なければ、煎り具合、コク、苦み、酸味等がどの程度であるかを聞いて、自分の好みに合うかどうかを確認するのが良いでしょう。

場合によっては、「ちょっと味見させて貰えますか?」といえば、試飲用のカップに注いでくれることもあります。

頼めば試飲用のコーヒーをもらえる

また、特定の豆を指定すればその豆でコーヒーを作ってくれますので、大いに利用してみてはどうでしょう。ただしこの場合は、通常は時間が掛かりますので待つことになりますし、店の都合で対応できない場合もあるようです。

ところで、スターバックスでは、コーヒー豆も販売していますが、種類がけっこうあり、季節限定品なんかもあるので、どれを買おうか迷うこともあるかと思います。

そんな時には「ちょっと味見させて貰えますか?」といえば、店の都合にもよるでしょうが、けっこう味見させてくれます

また、最近はHOUSE Blendと呼ばれる、デカフェ(カフェインレス)コーヒー豆も販売していますので、夜にもコーヒーを楽しみたいなんて方にはいいです。

HOUSE Blendの味は、ひとことで言えば、ごくごく一般的な味なので、どなたでも抵抗なく飲みやすいのではないかと思います。

カフェインレスのHOUSE BLEND

味を確かめてから買えるって、失敗しないからいいですよね。ちなみに私の好みの豆は、ITALIAN BLENDとESPRESSO BLENDです。FFENCH BLENDも好きですが、最も深く煎ってある豆なので、一般の方には強すぎるかも知れません。

また、飲んだことが無いコーヒー豆を試してみたい時には、サンプルとしてコーヒー豆を貰うことができます。コーヒー豆をそのまま持ち帰ることができますので、飲みたい時に自分でコーヒーを淹れて、味見ができるのです。

サンプル用のコーヒー豆の袋(表)

サンプル用のコーヒー豆の袋(裏)

サンプル用のコーヒー豆は、ちょうど一杯分が味わえるくらいの分量ですが、味見をするには十分な量です。

今やどこにでもあるスターバックスコーヒー。利用される方も多いと思いますが、どうせコーヒーを飲むなら少しでも美味しいコーヒーを飲みたいものです。

ちょっと聞いてみる、ちょっと試飲させてもらう、を実行して、よりおいしいコーヒーを楽しみましょう。

今や、どこにでもあるスターバックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。