お台場へ車で行くならダイバーシティ東京プラザの駐車場が便利

お台場といえば、公園、ショッピング、アミューズメント等、色々な目的で足を運ぶと思います。

アクセス方法として、公共交通機関もそれなりに整っていますが、やっぱり自動車の方がいい、なんて人もけっこういると思います。

駐車場はダイバーシティ東京プラザを利用するのが便利

そんな時に問題になるのが車をどこに停めるかということですが、私が、ぜひお勧めしたい駐車場は、ダイバーシティ東京プラザの専用パーキングです。

ダイバーシティ東京プラザ

ダイバーシティ東京プラザの駐車場

このプラザは、三井系のショッピングプラザなので、三井ショッピングパークカードを持っていると、1時間(クレジット機能なし)或いは、2時間(クレジット機能あり)無料で駐車場が利用できるのです。

それに加えて、3,000円以上の買い物でプラス1時間、5,000円以上の買い物(いずれも合算可)でプラス2時間まで無料になるので、最大4時間無料となります。(一部対象外の店舗あり)

プラザ内には多数の店舗が入り乱れており、家族や恋人と一緒にショッピングを楽しんだり、食事をしたりすれば、すぐに5,000円くらいは使うでしょうから、2時間分は無料になります。

駐車料金は、最初の一時間(基本料金)が500円/60分で、以降250円/30分ですから、無料サービスを受けないと、駐車料金がバカにできない金額になることが分かると思います。

ちょくちょくお台場に行く人に、私が強くお勧めしたいのは、クレジットカード機能付の三井ショッピングパークカードを作っておいて、最大4時間無料を利用する方法です。

このクレジットカードは年会費無料ですから、使わなくてもお金が掛かりませんし、プラザ内の買い物でも必ずしも使う必要はなく、持っておくだけでも良いので便利です。

プラザ内のインフォメーションカウンタでこのカードを提示して、駐車券の処理をしてもらえば、それだけで2時間無料、5,000円以上の買い物をして店舗、或いはインフォメーションカウンタで処理してもらえば、合計で4時間まで無料となります。

最大で4時間無料となる

また、ラウンドワンスタジオ(アミューズメント施設)や都会の農園を利用した場合は、合計金額にかかわらず最大4時間の駐車無料サービスを受けられますので、うまく利用すれば、より効率的な駐車サービスを受けることが可能です。

なお、駐車場施設は、駐車台数1400台、高さ制限2.3mで、車椅子(身障者)用の駐車場も1階、2階、7階に用意されています。

利用方法を工夫

しかし、「いやぁ、4時間じゃ時間的に短いし、4時間を超えた場合の超過料金がけっこうかかるからなぁ」という方に、お勧めの対策は、無料分の時間に達する直前に一旦パーキングを出て、もう一度同じパーキングに入り直す方法です。

クレジットカード機能付の三井ショッピングパークカードを持っていれば、追加で買い物を一切しなくてもパーキングに入り直してから2時間は無料、さらに買い物をすれば最大4時間無料なので、1回駐車場を入り直せば、最大で4時間+4時間=8時間分無料になります。

実際に我が家も、帰省した際に、お台場に行くことがよくあるのですが、午前中にお台場についてダイバーシティ東京プラザ内を歩き回って、昼食を摂り、2時~3時頃、一旦駐車場から車を出して、もう一度パーキングへ入れます。

そして、アクアシティ、ビーナスフォートなんかを回って、暗くなった頃を見計らって帰途に着きますが、帰り際にちょっとダイバシティ東京プラザで買い物をしたりして終日、駐車料金は無料というような感じで過ごしています。

混雑回避のため入口に注意

ここで1つ大事なことは、ダイバーシティプラザ東京の駐車場には入口が2つ(入口1、入口2)あるのですが、入口2を使用するべきです。

それは、入口1(建物北側)は休日なんかはいつも終日混んでいて、道路に長い列が出来るため、入るのにとても苦労するからです。

入口1(建物北側)は終日長い列ができる

入口2(建物東側)は時間帝によって混むこともありますが、入口1と比べると全然すいていますので、比較的入りやすいです。

それには理由があって、幹線道から自然に入れば入口1の方へ行くので、入口2の存在自体を知らない人も多いですし、たとえ知っていても、入口2は一般客が利用できない、業者用の駐車場のように見える面があるので、入口2も利用できることを知らない人は、みな入口1の方へ向かうからです。

入口2(建物東側)は比較的すいている

覚えておくと役立つこと

あと1つ覚えておくと良いことは、駐車時間は時間ぴったりで計算処理される訳では無く、時間にマージン(ゆとり)があることです。

例えば、4時間無料の処理をしてもらっていたが、実際に4時間5分経過していた場合、5分超過したので有料料金がかかると思いがちですが、少し超過しただけでは超過料金を求められることはありません

これは、出庫時に混雑して時間が掛かってしまうなど不本意な時間経過によって、ユーザに不満を与えないようにするための配慮なのです。

このマージン時間については駐車設備によって異なりますが、経験上ダイバーシティ東京プラザの駐車場の場合は10分以上はあるようです。

また、駐車料金が上がらないことが自明な場合を除いては、事前精算処理をした方が無難です。それは、出口付近で詰まっていて、想定外の時間が掛かってしまう可能性もあるからです。

ダイバーシティ東京プラザと専用駐車場はフロアーが一致していない

ひとつ注意しておきたいことは、ダイバーシティ東京プラザ(店舗)と専用駐車場(立体駐車場)とでは、上の写真のようにフロアーの構造が一致していません。

ただし、階数の数字じたいは一致する構造になっているので頭に入れておくとよいでしょう。

そして、覚えておきたいことは、駐車場内のエレベータは待ち時間が長くて不便ですから、店舗内のエスカレータで所望のフロアーへ移動する方が便利です。

繁忙期などにどうしてもスムーズに駐車したいと思う人は、朝一番に駐車場に入る方法が便利です。

通常の店舗は10時開店ですが、駐車場は24時間営業しているので、9時台に入庫すれば、駐車できないとか、待たされるとか、といった心配は必要ありません。

朝9時台に来れば、駐車場はガラガラ

補足ですが、ショッピングや外食などが無縁な人は、ダイバーシティ東京プラザなんかは全く利用することはない場合もあるでしょう。

そういうときは、ダイバーシティ東京プラザの南側に隣接する一日貸駐車場(1500円/日)を利用すると便利です。上限額が決まっているので、時間を気にすることなく、一日中ゆっくりと過ごすことができます。

自動車でお台場へ行くときは、ダイバーシティ東京プラザの駐車場をうまく利用して、快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。