ブロガーのブログを見ていて感じること。

現代では、ブログで生計をたてているブロガーが多くいて、知名度の高い有名な人もいます。

そんな方々が運営しているブログ、いわゆる成功しているブログを見ていると、いろいろと感じることがありますが、面白いのはそれらには共通点があることです。

そんな、何となく気付いた共通点について、触れてみたいと思います。

個性が出ている

まず、ブログにはそれぞれ特色といったものがありますが、単なるブログとしての特色ではなく、ブロガーの個性がそのままブログに、にじみ出ている点に気付かされます。

ブログと言っても様々なものがあり、コンセプトやデザインが異なるだけでなく、何を重要視するかとか、どのように運営するかとかも違っていて、ほんとうに千差万別です。

しかし、たとえどのような違いがあっても、それは運営者の個性が反映されたもので、それがそのままブログの内容にも現れます。

個性が出ているから面白い、個性があるから魅かれるものがあるなど、個性をうまく表に出すことができて、それが成功に結びついているのでしょう。

楽しんでいる

ブログを読んでいて、ブロガーがその運営を楽しんでいる、楽しむことができていることを感じます。

もちろん実際にそう思っているかどうかは、本人にしか分かりませし、そのブロガーが演出している面もあるかも知れませんが、少なくとも、記事にそういう空気がにじみ出ているのを感じます。

好きこそものの上手なれ」という言葉もありますが、好きだからこそ楽しめる、楽しめるからこそ持続できる、そして楽しめるからこそ、読者にも楽しみが伝わる、そんな点が成功につながっているのではないかと感じます。

書くことが好き

記事を読んでいると、書くことが好きなんだろうなぁと感じますし、少なくとも、書くことが苦にならない、書くこと自体を楽しめているんだろうなぁと思います。

書くことが好きな人が書く文章は、楽しんでいる気持ちが文章で伝わるものですから、読んでいて楽しくなりますし、読みやすいですから、自然と読みたくもなるものです。

反対に、書くことが嫌いな人が書く文章は、いやいや書いている気持ちが文章にも表れるもので、読んでいても重たい気持ちにもなりますし、何よりあまり読みたいと感じないものです。

また、記事そのものを読んでいると、必ずしもうまい文章ばかりとは限りませんが、内容が分かりやすいことと、何か語りかけてくるように感じること、の2点については共通して言えることでしょう。

世間には、会話をしていると楽しい人もいれば、話していてもつまらない人もいますが、話をしていて楽しい人って、話すのが好きな人が多い気がします。書くのが好きな人が書いた文章は、読んでいて楽しくなる傾向があるのも、これとどこか似ている気がします。

以上、成功を収めているブログの共通点を簡単に見てみましたが、さすがという感じがします。私も、ブログの初級者として大いに見習って行くべきだと感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。