ユーザー辞書の利用で面倒な定型文入力の手間を大幅に削減する方法

パソコンで文書を書く際に、「よろしくお願いします」といった定型文のように、頻繁に使うフレーズや言い回しを入力したい場合に、「いちいち全ての文字を入力するのは面倒だなぁ」と感じる人も多いと思います。

スマートフォンでは、変換候補の文字列を予測して表示してくれますので、場合によってはその方が文字入力をしやすいことがあります。

頻繁に使うフレーズなのにもっと簡単に入力できないものかと思うものですが、ユーザー辞書を利用すると格段に使い勝手がよくなり、この問題を解決できます。

普通に変換すると

たとえば「宜しくお願いします」とか「よろしくお願いします」と入力したい場合には、「よろしく」「おねがいします」などとキーボードで文字を打ち込んで、文字変換をして確定します。

この場合、「よろしくおねがいします」のように全ての文字を打ち込まなければなりませんので、仮にローマ字変換を用いる場合「yorosikuonegaisimasu」などといった、多くの文字をタイプする必要が生じます。

同じような操作をスマートフォンで実行する場合、「よろ(yoro)」と打てば候補として「よろしく」とか「よろしくお願い」などという表示がされます。(冒頭写真)

ここで、仮に「よろしく」を選ぶと、自然に次の候補である「お願い」とか「お願いします」などが表示されますので、これらを選択するような操作だけで、同様の入力が可能となります。

極端に言ってしまえば、スマートフォンでは「yoro」と打てば済むだけの文字入力を、パソコンでは「yorosikuonegaisimasu」などと打たなくてはならず、両者を比較した時に、パソコンの文字入力が、もっと簡単にならないものかと思うのは当然です。

ユーザー辞書が有用

このような問題を解決するためにとても役立つ方法が「ユーザー辞書を利用する」方法です。

つまりユーザー辞書で、よく使うフレーズや定型文などを、まるごと変換対象の単語として登録してしまうことで、短い入力文字で、長いフレーズをまとめて変換するのです。

具体的には、ウィンドウズで「ユーザー辞書ツール」を起動して、「登録」コマンドで「単語の登録」画面を開き、変換後のフレーズを「単語」欄へ入力する文字列を「よみ」欄へ記入して登録するだけです。(具体的操作方法は下方)

たとえば、ユーザー辞書の「単語」欄へ「よろしくお願いします」と記述して、「よみ」欄へ「よろ」と記述して登録しておきます。

そして、「よろ」(ローマ字変換時は、yoroと打つ) と入力して、変換キー(通常はキーボードのスペースキー)を押すと、変換候補として「よろしくお願いします」と表示されますので、あとはこの候補を選択するだけで済み、操作が格段に簡単になります。

あとは、この例のように、よく使う言い回しやフレーズ、定型文などを自分の使いやすいように追加登録しておけば、使いやすさが向上すること間違いなしです。

ユーザー辞書は本来、変換前のよみと、変換後の単語との関係を登録しておくものですが、単語に限らず、「よろしくお願いします」のような比較的長いフレーズを、「よろ」という短い読み方をする単語とみなして登録するところがこの方法のポイントです。

具体的な操作は簡単

では、具体的な操作方法の詳細を説明します。

(1)ユーザー辞書ツールを開く

ウィンドウズの右下に表示されているバーの中から、文字(「A」や「あ」など)のマークを右クリックして 「ユーザー辞書ツール」を起動します。(下図)

ユーザー辞書ツールを起動

OSや環境設定の違いによって、「ユーザ辞書ツール」の起動の仕方が異なる場合があります。

その場合、IMEパッドのツールボタン(下図の赤)を左クリックすれば、図のようなメニューが表示されますので、このメニューからユーザー辞書ツールを選択します。

IMEパッドのツールボタンを左クリックしてユーザ辞書ツールを起動する

(2)単語の登録を起動

図のように、ユーザー辞書ツールに表示されている下記のコマンド(赤枠のボタン)をクリックして、単語の登録画面を開きます。

赤い枠で示したボタンをクリックして単語の登録画面を開く

(3)単語の登録

クリックしたことで、下記のような単語の登録画面が現れます。

単語の登録画面

単語の登録画面において「単語」欄に変換後の文字列(ここの例では「よろしくお願いします」)を記入し、「よみ」欄には変換前のよみ(ここの例では「よろ」)を記入し、内容を確認して、画面下の登録ボタンをクリックします。

「単語の登録」画面で、単語欄と読み欄に必要事項を記入して登録ボタンを押す

続けて他の語を登録したい場合は、「単語」欄と「よみ」欄に記入して登録ボタンをクリックする操作を同様に繰り返し、最後に閉じるボタンをクリックします。

(4)登録内容の確認

単語の登録画面を閉じると、ユーザー辞書ツール画面内にある、「単語の一覧」に、登録した内容が表示されます。

ユーザ辞書に登録されたのが確認できる

登録した内容を確認したら、ユーザー辞書ツール画面を閉じます(「ファイル」-「終了」でも、画面右上の×をクリックしてもよい)

(5)実際の使用方法

では、実際にとのように使うかを試してみましょう。ワードなどの文書作成ソフトを起動して、キーボードから「よろ」(ローマ字変換入力の場合yoro) と入力した後、変換キー(通常はスペースキー)を押します。

ワードでの例。「よろ」と入力しただけで、「よろしくお願いします」との候補がでる。

すると、第一候補として「よろしくお願いします」と表示されますので、そのまま「Enter」キーを押して確定すれば操作は完了です。

この時、Enterを押さずに更に変換キーを押すと、変換候補を表示してくれますので、必要であれば、候補の中から選ぶことで通常の文字変換と変わらない操作が可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。