ドレッシングを選ぶ要素に味・価格・成分以外に「とろみ」も加えよう!

サラダを食べる時に欠かせないのはドレッシングですが、かけるドレッシングによってサラダの味が決まってしまいます

従って、ドレッシング選びは、ある意味、野菜を選ぶより大切な面があります。

ドレッシングでサラダの味が決まるので味は重要

選ぶ基準

ドレッシングを選ぶ時にまず一番に考えるのはもちろん味でしょうが、さすがに、いつも同じドレッシングだと、飽きてしまいますから、実際は味の異なる幾つかのドレッシングを購入しておくのが一般的でしょう。

もちろん味だけが全てではありませんから、当然、価格や成分なども考慮する要素になると思います。

それは、どんなに好みの味でも高すぎては不経済ですし、含有される添加物やカロリーなどは気になるところだからです。

また、それ以外にも、「使いやすいパッケージか」、「信頼できるメーカか」、「賞味期限はいつまでか」、なども選ぶ時に考える要素でしょう。

しかし、ドレッシングの「とろみ」についてはあまり考える人はいないのではないでしょうか。

今回、「『とろみ』についてもドレッシングを選ぶ時に考慮するひとつにしてはどうか」と感じたのですが、それはあるドレッシングを使ったことがキッカケでした。

キッカケは

キッカケとなったのは下記の写真にあるドレッシングです。

キッカケになったドレッシング

私は、熔煎胡麻ドレッシングが好きで、従来からよく購入してきたのですが、上記のドレッシングを使うのは今回が初めてでした。

製造会社はミツカンで、販売会社はジェフサで、一見どこにでもある培煎胡麻ドレッシングです。

製造元はミツカン、販売者はジェフサ

購入後、初めて使ってみたところ、今まで食べてきた何種類もの培煎胡麻ドレッシングとは明らかに違うところがひとつありました

それは、サラダにかけた時に、ほとんどドレッシングが流れて行かないほど、とろみの強い状態で、例えて言えばマヨネーズに近いくらいでした。

このため、サラダを食べ終わった後、お皿の底にドレッシングが残ることがなく、結果として無駄に使ってしまうことがないと感じたのです。

とろみのために増粘多糖類が使われている。

そして、その後使っていて気付いたことがあります。一般の培煎胡麻ドレッシングは通常、少し時間が経過すると、容器の底に色の濃い液体成分が分離して沈んでしまうため、使う度によく振ってから掛けなくてはなりません。

しかし、このドレッシングの場合、最初に使った時に一度振っただけで、それ以降は一度も成分が分離してしまうことがなく、振る必要がなかったのです。

一度振っただけで、その後は底に成分が分離することがない

とろみがこんなところにも影響するのかと興味深いものを感じました。

「とろみ」も念頭に

こんなことから、このドレッシングはメーカが、とろみがしっかり付くように敢えて意図して製造したのだなぁということを実感しました。

言い方を換えれば、意図して作るだけのことがあると判断したのではないでしょうか。もちろん、無駄に使わないようにするだけなら、かけすぎないように注意すれば済む話ではあります。

また、とろみが強いと、かける時になかなか出ないのでイラついたり、かけた後にサラダと混ぜにくかったりという欠点もあります。しかし、ついついかけすぎてしまうのがドレッシングですから、とろみがある利点も頭の片隅に入れておくべきでしょう。

あなたも、ドレッシングの商品を選ぶ際に考慮する一つの要素に「とろみ」を追加してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。