中国語に「竜」という漢字はない。「龍」はあるが厳密にはこれも無い。

「竜」という漢字は中国語でも同じなのかと調べても、見当たらなくてその理由がよく分からないものです。

実は「竜」という漢字は日本にしか存在せず、「竜」に相当する漢字は竜と同意で使われる「龍」です。

竜という漢字は中国語にはない

しかし、厳密には「龍」という漢字も使われなくなっています。

漢字は中国伝来なのに

竜というのは伝説上の生き物で、その起源は中国から伝わったものですから、中国語でも「竜」と言う漢字がありそうです。

しかも、漢字そのものも昔の中国(漢の時代)から伝わった文字ですから、日本にある漢字が中国にあるのは当然だと誰しもそう思うハズです。

しかし、実際には「竜」という漢字は中国には存在せず、日本だけで使われています

別の記事「竜王は龍王とも書くが恐竜は恐龍とは書かない。竜と龍の違いは何?」で説明しましたが、日本で用いる「竜」は「龍」に対する新字(龍は旧字)で、龍が竜に置き換わったと言えます。

従って日本では、龍は使わないで竜を使うようにする流れがありますが、実際は、龍と竜は両方とも使われます。

特に古くからある名称や固有名詞などでは龍は依然として頻繁に使われます。

ただし、新しい言葉には竜という言葉だけが使われる傾向にあります。

龍という漢字はあるのか

では、中国に竜という漢字がなくても、竜の元の漢字「龍」はあるでしょう、と誰しも思うことでしょう。

しかし、厳密なことを言えば、この「龍」という漢字は無くなりつつあります。

と言うのも、現在の中国では簡体字が使われるようになったため、以前のような漢字に変わって簡略化された漢字が通常用いられるようになったからです。

この簡略化の結果、現代の中国では「龍」の代わりに「」という漢字が使われています。

漢字そのものが大きく変わっていて元の字体の面影すらも無いので分かりにくいですが、「」が漢字の「龍」を表しています。

但し、台湾においては中国とは別な政策が採られていますし、漢字も簡略化された簡体字は使わず、従来からの漢字「龍」(繁体字)がそのまま使われています。

従って、「竜」という字は、中国では「」(簡体字)、台湾では「龍」(繁体字)となります。

日本:竜(新字)、龍(旧字)
中国:(現代の字体)、龍(昔の字体)
台湾:龍のみ(竜はない)

覚えておきたいこと

このように竜など、日本で新字となった漢字などは、中国には存在しない場合があります。

従って、そのような漢字は、上記の「龍」のように旧字のみが存在しているケースが通常です。

しかし、漢字の簡略化(簡体字)によって中国で従来使われていた漢字は違う字体になっていることが多いため、実際にはその旧字も使われなくなって来ているケースが多々あります。

つまり、上記の例のように、旧字そのものは台湾に残っている(繁体字)が、中国は別な字体(簡体字)に変わったというものが大半といえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。