フルーツパーラー果実園でプチ贅沢。もう2度と行かないその理由は…

正月に帰省した際、「ちょっと贅沢を」と考えて、フルーツパーラー果実園リーベルへ行ってきました。

プチ贅沢をしに果実園リーベルへ行った

しかし、期待していたほどの味ではなく、内容を考えても、もう2度と行こうとは思えませんでした。

プチ贅沢

私が今回、実際に足を運んだ店は、果実園リーベル新宿店でした。

こうしたお店は、東京に上京した時くらいにしか行けないので、「たまには少し贅沢を」と考えたのがキッカケでした。

ネットで紹介されているこの種の店は無数あり、いくつもの候補からこの店を選んだのですが、結局は「食べてみなければ分からない」という考えで、比較的アクセスしやすいこの店にしました。

そして、実際に家族4人が食べた商品は、シャインマスカットズコット(マスカットのケーキ)1つ、マンゴーズコット(マンゴーのケーキ)1つ、国産苺パフェ1つ(うち2つはドリンクとセット)でした。

どんな商品

店名が果実園だけあって、いずれの商品もフルーツがとても多く使われていて、果実の塊という感じでした。

フルーツをベースにしたデザートが豊富に揃っている

シャインマスカットズコット

食べたうちのひとつであるシャインマスカットズコット(税抜1,900円)は、スポンジの中にもケーキの上にも、多くのマスカットがクリームと共に詰め込まれるように入っていました。

シャインマスカットズコット。マスカットがギッチリ詰まっている。

例えて言えば、「マスカットの集まり」という表現がふさわしいようなケーキでした。

大きさとしても一般のカットケーキと比べると2倍のサイズ(ボリューム)くらいで、2つ分食べている感じでした。

シャインマスカットがボリュームいっぱい、たくさん詰まっている。

マンゴーズコット

マンゴーズコット(税抜980円)もマスカットと同じような状態で、スポンジやクリームの居場所がないくらい、マンゴーが占領していました。

マンゴーズコット。マンゴーがギッチリ詰まっている。

マンゴーがスクラムを組んでいるような状態ですね。

これら2つのケーキは、いずれもケーキというよりは、「フルーツのスポンジ&生クリーム添え」或いは「ケーキ風フルーツ盛り」とでも言った方がよいくらい、フルーツが全体の多くを占めていました。

しっかりと中までマンゴーが入っている

国産苺パフェ

そして、国産苺パフェ(税抜2,900円)は、イチゴがたっぷり使われた贅沢なパフェで、その多くをイチゴが占めていました。

苺をたっぷり使ったパフェ

器の上にも、こぼれ落ちそうなくらいたっぷりイチゴが乗せられて、「贅沢なイチゴデザート」という感じでした。

苺がたっぷり乗っている

上部のイチゴを食べると器の中の方には、生クリームの他に、イチゴとバニラのアイスクリームがけっこうボリュームいっぱいに含まれていました。

パフェの中にはアイスクリームが入っている

何かが違う

この3点、家族4人でそれぞれ味見をしつつ、すべて食べました。

私としては、せっかくのプチ贅沢なので、ゆっくりと味わいながら食べたかったのですが、獲物に飢えた2匹の猛獣(二人の息子)に阻まれてしまいました。

さっきまで目の前にあったはずの3つのデザートは、あたかも瞬間移動したかのごとく、私の視界から姿を消していました。「こいつら二人とも別腹(べつばら)が大きすぎる」と感じた瞬間でした。

さて、話をもとに戻します。

ゆっくり食べられなかったのですが、それでも味わいを確かめようと必死になっていた私が、食べて感じたことは「何かが違う」という思いでした。

シャインマスカットスコットは、マスカットが美味しくボリュームも多くて、他の店ではなかなか食べられないようなケーキでしたが、何か足りないものを感じました。

マンゴースコットは、マンゴーはたっぷりあって味わいも悪くはないものの、その味はどこかありきたりで、少し物足りなさを覚えました。

国産いちごパフェは、おいしいはおいしいのですが、どちらかというと「イチゴパフェを大きくしただけ」という印象が強く、それ以外に特筆すべき点はありませんでした。

苺パフェを大きくしただけという印象が強い

フルーツが沢山あって美味しい。でも、何かが違う

そんな思いが、これら3点を食べてみた共通の正直な感想でした。

何が違うのか

そして、何が違うのだろうと感じて考えて出た結論は、以下の2つでした。

(1)商品としての味わいをフルーツだけに頼っている
(2)素材であるフルーツの品質があまり追求されていない

フルーツだけに頼る

(1)についていえば、これらの商品はいずれもフルーツにボリュームがあり、その多くをフルーツが占めています。

従って、フルーツを含めた全体のボリュームはあるのですが、裏を返せば単なるフルーツの塊の延長とも言えます。

そこに商品の完成度としての甘さ(緩さの意味)があり、フルーツに頼り切ってしまっている姿が出ているのです。(フルーツは確かにおいしいのですが…)

商品はあくまでケーキやパフェであって、フルーツではありません。

商品としての完成度を上げるために、フルーツと合せることで生み出される美味しさが望まれます。使っている生クリームやアイスクリームも、もっと吟味して欲しいですね。

フルーツの品質追求不足

(2)についていえば、美味しいフルーツを厳選して欲しいところです。

上記でフルーツに頼っていると書きましたが、それはそれで悪いことではありません。本来フルーツは美味しいものですから、それをボリュームいっぱいにした商品が悪いハズはありません。

しかし、フルーツパーラーという看板を掲げている以上は、もっともっと鮮度や味、風味などの高品質さを追求して欲しいと思います。どこかフルーツのボリュームで誤魔化されている感じがするんですね。

コスパが悪い

また、これらの2つについては、コスパが悪いという言い方もできます。

高価な割には、値段に見合った味では無いってことです。

実際、国産いちごパフェを注文した時に、店員から

2,900円ですけど、よろしいでしょうか?

などと念を押されました。

食べた後から

えっ?高すぎるんじゃない!

ってクレームが過去にあったからではないでしょうか。

それくらい高価なパフェな訳ですから、「それに見合った商品を」って、どうしても思ってしまいます。

もっとも、四季を問わず(本来の収穫時期を問わず)、一年を通じて商品を提供しなければならないという難しさがどうしてもあると思います。どうしても旬な青果のほうがおいしいですからね。

以上、私の個人の感想です。果実園さん、読んでいたら、ぜひ改善して下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。