職場の後輩へ接する時は指示だけではなく、やる気にさせるひと言が大切。

部下や後輩の指導に当たっていると、業務を教えることや仕事に必要な知識を教育することは日常茶飯事ですが、具体的な作業となると、その都度、指示をして業務を遂行させようとするものです。

しかしながら、こうした指示において、淡々と機械的に行うだけでは、なかなか大きな成果につながりません。何をするにも、常に後輩のやる気を起こさせることを意識して接することが何より大切です。

指示だけは望ましくない

指示という言葉の本来の意味は「命令」を意味しますから、業務上の指示は業務命令ということになります。

そもそも、雇われる立場であれば、業務を遂行する上では業務命令に従うのは当たり前のことですから、上司やリーダという立場からすれば、その都度、具体的な指示をして、業務を遂行させることも当たり前のことではあります。

しかし、単なる指示だけに留まったのでは、見かけは業務が進んでいるように見えることもありますが、決していい仕事ができるとは限りません。

時には、おおきな成果を得られる機会を逸してしまう場合すらありますし、長い目で見れば、部下や後輩が成長する要素を取り除いてしまっているかも知れません。

やる気こそ大切

そもそも、社会人に限らず、人であるならば誰でも、やる気や意欲、モチベーションというものが大きな原動力になります。

子供に対して「勉強しなさい」などと繰り返し言ったところで、なかなか身に付かないものですが、何とか励ましてやる気にさせると、思いのほか自発で学業に励むようなことはよくあることです。

イソップ物語の「北風と太陽」も、そうした姿を物語っています。

誰しも、イヤイヤやることよりも、やる気を持って取り組めることの方が、はるかに良い結果を出すことができます。

指示をされれば、部下や後輩は業務を遂行するものです。しかし、大事なことは遂行した業務の成果がどうであったか、また、遂行したことでその人がどれだけ成長できたかということです。

つまり、やる気を持って遂行できていれば、業務の成果は大きなものになりますし、それを遂行した人も大きく成長できるのです。

業務上で大きな成果をあげれば、それはその人にとっていい経験にも自信にもなりますから、その後、同様の業務を行う機会があれば、以前よりもっとレベルの高い仕事をすることができるようになります。

また、業務を通して大きく成長すれば、将来に向かって大きな成果を上げることが期待できます。要は、励まして、やる気に立たせて遂行させることは、好循環なリズムを築くことができるのです。

私も多くの後輩の面倒を見てきましたが、本人がイヤイヤ遂行した業務や、仕方なくやる業務というのは、いい成果が出ないという経験を無数見てきました。

反対に、なんとか励まし切って、やる気を奮い立たせて取り組ませた業務は、こちらが想像以上の成果を出したという姿も数限りなく見て来ました。

まさに、業務に取り組む姿勢、すなわち「やる気」こそ、良い仕事をさせて行く上での大きなカギなのです。

意識して指示を

以上、述べてきたように、単なる指示だけで遂行させた業務は、いわば「力でやらせた業務」に他なりませんから、なかなか身に付きません。

やる気を原動力として成した業務は、出来栄えや完成度も高い上、その人の成長も大きく、次の業務や別な業務の成果向上にもつながります。

日々の仕事においては、「業務指示→業務遂行」という繰り返しがあるものですが、意識しないと、ついつい単調な指示だけに終始してしまうものです。

従って、一回一回の指示の中に、やる気を増加させる工夫をすることが大切なわけですが、そんな工夫もちょっとしたひと言を添えるだけで全然違います

「伝えた」、「言った」、「やらせた」というように、指示するだけというのはとても簡単なことです。しかし、そんな単なる業務命令をするのではなく、部下や後輩にやる気を起こさせる「指導」という姿勢で接して行きたいものです。

指示はいわば「命令」ですが、指導は「指さし導く」こと、つまり「やる気を出せるように業務を指さし導く」ことです。指示ではなく指導こそが、リーダや組織長に求められる力量であり、またそれこそがリーダや組織長の仕事と心得るべきです。

【関連記事】若手社員への指導・指示は小学生を相手にする感覚くらいが丁度いい

【関連記事】部下の話を良く聞くことは大事。でも聞き過ぎないことはもっと大事

【関連記事】自分より能力がある部下に対してどう指導すべきか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。