言うことが筋が通っていて正しいだけでは人は動かない。人を動かすには相応の対応が必要。

部下や後輩に業務上の指示をしても、ぜんぜんその業務に励むことができない人を見かけます。

業務上の指示内容は、どう見ても筋が通っていて、正しいことを伝えているつもりでいても、こちらの意に反して、全く動こうともしない場合もあります。

正しいだけでは人は動かない

そんな姿に直面すると、指示する相手が何かおかしいのでは、とすら思ってしまうこともあります。しかし、そう思う前に、まず「どんなに正しいことを言っても、正しいだけでは人は動かない」との認識に立つべきです。

それこそ、指示内容が正しい、つまり「理に適っている」、「筋が通っている」、「道理に合っている」のように、たとえ誰も異論を唱える余地がないとしても正しいだけではダメです。

まずは相手が認識すること

そもそも正しいという事実と、指示する相手が正しいと認識するということは別なことです。

たとえ異論を唱える余地がないことでも、相手がそれを正しいと認識できるとは限りません

自分が認識することを、相手も同じように認識するとは限らないものです。

もしかしたら「誰が見ても異論の余地がない」という視点も、主観が入っているかも知れません。

いずれにしろ、まず、指示する相手に対して、どうして正しいのかを認識させる必要がありますが、これは筋立てて物事を説明するという基本スタンスに立てば、そう難しいことではありません

業務の進むべき方向を示しながら、道理に立脚して、筋を通して、いかに理に適っているかを説明すればよいのです。

実際の説明では、極端なくらいカミ砕いて、細かく丁寧に、それこそ、小学生に説明するくらい分かりやすい表現を意識して話すのが望ましいでしょう。

このような説明を徹底することで、たいていの人は、正しいと認識することができるハズです。

認識することと受け止めることは異なる

さて、相手が正しいとの認識を持ったとして、それを受け止めるかどうかは、また別な話になります。よくある「言っていることは正しい。だけど、私としては受け入れられない」というのがこれに当たります。

これは、「理屈は分かるけど理屈じゃない」、つまり、理性よりも感情が先行しているという状態で、人間が感情の生き物である以上、なにかと付きまとうものです。

自分のポリシーに合わないとか、生理的に受け止めにくいとか、何かしら感情的に受け止められない要素を持っている場合に、このようなります。

こういう場合は、相手がきちんと受け止められるように、心を割って話をする、それこそ、語り合うくらいの感覚で接する中に、感情面で、つかえていることが解けて行くものです。話す側が、感情的にならずに根気よく接することが大事です。

受け止めただけでは業務は進まない

相手が、しっかりと認識し、それをきっちりと受け止めたとしても、業務を遂行する上で、きちんと動き出すとは限りません。それは、業務として受け止めることと、それをきちんと遂行することはイコールではないからです。

業務をうまく動かすためにはモチベーションが重要で、モチベーションが無い、或いはあっても低いなどの場合には、動きが鈍くなるのは当然で、モチベーションを上げて業務に励めるようにすることが求められます。

そのためには、相手が業務上で何を求めているのかを把握した上で、その業務と求めていることを結びつけて業務指示をすること、その業務に期待をしていることを伝えること、その業務上で目指すべき目標を見つめさせること、が大事です。

そして、なにより業務を遂行している中で、モチベーションの維持・向上をはかるためにも、きちんと評価をしてあげてることを忘れてはいけません。

大きなモチベーションが持てれば、動き出さなかった業務も進みだし、鈍かった進捗も加速して行くことでしょう。

言っていることが正しいだけでは業務は進まないので、業務を進めるためにはどうすべきかを示しました。

業務上、「何でこんなことを分かってもらえないのか」「なぜ、進めることができないのか」「どうしたら、あのようになるのか」と、担当者を見ていて、不可解な思いをすることがあるかと思います。

そんな時には、「正しいだけでは人は動かない」との思いに立って、正しいことを「認識させ」、「受け止めさせ」、「遂行させ」て行くことが大事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。