天然温泉まめじま「湯ったり苑」は、露天風呂が広いのが魅力。

長野市内には観光地に限らず、市街地にもいくつもの温泉があります。

そのひとつが天然温泉まめじま「ゆったり苑」ですが、ここは露天風呂の敷地面積が広く、風呂の種類もいくつもあり、市街地にある温泉でありながら、温泉気分をより味わうことができるのが大きな特徴です。

露天こそ温泉気分になる

長野市は周辺が山々に囲まれ、観光地も多数あり、温泉も数多くありますので、温泉を楽しめる場所のひとつです。

そういった温泉の多くは、山間部や観光地に近いところが有名ですが、市街地にもいくつも温泉があります。

市街地にある温泉の場合、地元の人が利用することが多いのですが、観光で長野市に立ち寄るとか、移動の際の通り道であるなどの時に、遠方から訪れた人が利用するのにも便利です。

一般に、市街地にあるような温泉の場合、スーパー銭湯の延長のような雰囲気が強く、あまり温泉のような気分を味わえないところも少なくありません。

露天風呂は敷地面積も広く種類も豊富(湯ったり苑の案内パンフレットより)

その点、まめじま「ゆったり宛」は、露天風呂の占める敷地面積が比較的広く、露天風呂の種類もいくつもあるのが魅力で、温泉気分を十分味わえます。

屋内の風呂よりも、屋外の風呂の方が、何かと情緒や風情がありますから、より温泉気分に浸ることができるのです。

外観にも風情がある

こんな魅力があるため、我が家も、この温泉のリピータになりました。決して家から近いわけではありませんが、近くへ赴く機会がある時などは、しばしば足を延ばすようになりました。

源泉は?

さて、気になる源泉ですが、源泉は「湯ったり苑」の所在地にありますので、源泉名は「大豆島(まめじま)温泉」となっています。市街地でありながら、上質の湯が沸くと言う感じです。

泉質としては「ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉」で、分類的には、低張性、弱アルカリ性、高温泉となります。

泉温は48.8度と公表されているように、高めです。成分はとりわけ特徴があるわけではありませんし、源泉は色も無色で透明です。

公式ウェブサイトには

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・健康増進

などの効能がうたわれています。

天然温泉の概要

施設の特徴

では、施設の特徴といえばどのようなところでしょうか。

上記のように、露天風呂が広く数多くある点が、何より特筆すべきところで、他の特徴をあげるとすると難しいのですが、敢えてひと言で表現するならば、必要な設備がバランスよく整っていて、普通に便利で気軽に通える温泉という感じではないでしょうか。

数個のジェットバスや冷水、サウナなど、どこにでもあるような設備がきちんとひと通り揃っています。

なかでも、ジェットバスは種類が豊富で、通常のジェットバスのほか、スーパージェットバス、座マッサージ、シェイプアップバスなど、様々な効果が期待できる風呂が用意されています。

また、食事施設もあるので食事や休息もできますし、マッサージやアカスリ、エステなどのリラクゼーション施設も整っていますので、風呂以外にも、ゆっくりくつろいだり、リラックスしたりできます。

食事施設には豊富なメニューが揃っている

このように、魅力ある露天風呂に加えて、きちんとした設備が整っていることもあり、地元の人が多く通う人気の温泉です。

そのため、常に混雑している感じですが、施設そのものも相応の広さがありますし、洗い場もけっこう広いので、ほとんど不便を感じることはないでしょう。

気になるお値段ですが、「本物の温泉」且つ「スーパー銭湯なみの設備」という見方をすれば、相場よりもやや安い値段(大人、平日670円、休日720円)です。

夜間遅めに行くと、さらに若干料金が安くなりますし、頻繁に利用するのなら回数券を買っても安くなりますから、値段的に見ても、気軽に足を運べる温泉と呼べるのではないでしょうか。

観光で長野市方面に来るとか、移動の際に通りかかるなど、近くへ足を運ぶ機会があれば、一度「湯ったり苑」で身体を休めてみては如何でしょう。

湯ったり苑の基本情報は下記のようになっていますので、参考にして下さい。

住所:長野県長野市大豆島1641
電話:026-222-1126
公式サイト:https://www.yuttarien.com/mamejima/
営業時間:10:00〜24:00(受付は23:30まで)
休日:年5日(不定)
アクセス:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。