中国語の左右って方向じゃないの?中国語の東西って方位じゃないの?

一般に左右と言えば、右と左のことを意味しますから、方向やそこから派生した表現に使います。

一方、東西(中国語では东西)と言えば、西と東のことを意味しますから、方位や方角、或いはそこから派生した表現に用います。

本来は、左右は右と左、東西は東と西の意味だが…

これらは、日本語でも中国語でも同じですが、中国語の場合、これらの意味よりもむしろ他の意味として用いる機会が多くあります。

左右の意味

日本語では

日本語で左右というと、文字通り左と右を意味し、「横断歩道で左右をよく確認する」のような使い方をします。

また、左と右の意味から派生して、周辺、かたわらと言った意味としても使いますし、そこからまた意味が転じて、側近を表すこともあります。

更に、左と右の意味から生じて、「言を左右にする」という曖昧さを表す慣用句として用いたり、「温度に左右される」といった影響を与える意味で使ったりすることもあります。

中国語では

では、中国語の場合はどうでしょうか。

中国語の場合、同じ漢字ですから、その多くは日本語と同じような意味を持ちます。

最も一般的な意味としは、やはり「左と右」の意味で、左右の両側を表す表現でよく使います。

また、日本語と同様に「そば」「かたわら」の意味や、そこから派生した「側近」の意味もあります。

更に、日本語と同じ影響を与える意味、つまり「左右する」という意味で使うこともあります。

しかし、日本ではほとんど使わず、中国で頻繁に使われる意味に、「…くらい」「…程度」「約…」と言った、数量がおおよそであることがあります。

例えば、三十岁右左(30歳くらい)、四点左右(だいたい四時)、一公里左右(約1キロ)のようにおおよその数量や度合を表す表現などです。

こうした使い方は、日本語の30歳前後という表現と同様と考えれば分かりやすく、「左右」を「前後」に置き換えると理解しやすくなります。

上記の3つの表現を、それぞれ三十歳前後、四時前後、一公里(1km)前後のように置き換えれば、よく分かると思います。

この、数量がおおよそである表現は、中国語でとても頻繁に使いますので、ぜひ覚えておきたい言葉です。

しかし、実を言うと、日本語でも同じ意味があり、国語辞典などにも掲載されています。日本語ではあまり使われず、馴染みが薄いだけなのです。

東西(东西)の意味

日本語では

次は東西についてです。

日本語で東西と言えば、これも文字通り東と西を意味します。

東や西には方向・方位の意味がありますから、東西にも方向・方位の意味があり、「東西に走る国道」と言った表現をします。

また、西側と東側を対比する意味で使われ、関東・関西、東洋・西洋などと表現することもあります。

更に意味が転じて、「あちこち」や、「方々」、「世間」と言った意味で使われることもあります。

中国語では

では、中国語の場合はどうでしょうか。

中国の東西は东西と書きます(簡体字)が、実はこれには同じ漢字で異なる2つの熟語が存在します。

1つは东西ともに第一声の発音をする場合(以下、前者)と、もう1つは东西は第一声、西は軽声の発音をする場合(以下、後者)です。

前者では、日本語と同じで、東と西の意味を持ちます。

この場合、東西の方向の意味の他、「あちこち」「方々」と言った意味もありますので、ほぼ日本語と同じような意味・用法になります。

一方、後者には、日本語には無い「物」「物事」「品物」「物品」「商品」のような意味があります。

この場合、物事に対する全般的な意味がありますので、色々な場面でこの言葉を用います。

例えば、

这是什么东西?

と言えば、「これはどんな物ですか?」の意味になります。

この东西は、有形の物事だけではなく、知識や芸術、事柄など無形の物事に対しても用います。

そして、これら东西は、日常的に使うと言う意味では、前者(東と西の意味)よりも用いる機会がとても多いのです。

物事の意味としての东西。日本人にはピンときませんが、ぜひ覚えておきたい意味ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク