中国語で年齢を数える時に才は使わない。歳を使うが実際の字は岁

日本語で年齢を数える場合には、一歳、二歳、三歳のように「歳」という漢字を用います。

また、「歳」の代わりに、一才、二才、三才のように「才」を使うこともあります。

中国語では年齢を数える時に才は使わない

しかし、中国語の場合、「才」という漢字は使わず、「歳」の簡体字に相当する「岁」しか用いません。

日本語の歳と才

日本語の「歳」は年齢や年数を数えるために用いる助数詞で、専らこの用途に用います。従って、一歳、何歳、二十歳、満五歳など、年齢を表すために使うのが一般的です。

「歳」と言う漢字そのものには、「とし」や「よわい」という意味があり、一年という時間を表し、年一回であることの意味から、歳暮などの熟語も生まれています。

「歳」という漢字は、刃物を意味する「戉」と、年の歩みを表す「歩」を組み合わせた会意文字で、農作物を刈り取るまでの期間を表していたものが、一年を意味するようになった文字です。

一方、日本語の「才」は、持ち合わせている素質・能力を意味し、天才、才能、英才、才覚など、そのような意味を持つ熟語として使われます。

また、容積や体積を表す単位として使われるほか、歳の字に当てて、一才、何才など、年齢を表す場合にも使われます。

中国語の岁と才

では、中国語の場合はどうでしょうか。

中国語の「歳」は、簡体字でと書き、日本語と同じく年齢を数える場合の量詞として使います。

日本語と同じく、一歳は、二歳はなどのように記述します。

また、とし、年の意味もあり、のような熟語として使われます。

更に、漢字の語源が持つ意味(上記参照)から、その年の収穫を意味することもあります。

一方、中国語の「」は、才能や能力、人材などの意味で使われ、天才、才能などの述語などで使われます。

また、漢字としてはわずかであることを意味し、数量の少ないことや、時間の短いことなどの表現に使われることもあります。

しかし、中国語の才の場合、年齢を数える場合に用いることは全くありません

才は、日本語で同じ読みを持つ「歳」の代わりに用いただけで、中国語の場合、歳と才は発音も異なり、全く関係ない漢字だからです。

覚えておきたい年齢に関する表現や習慣

さて、中国語の場合、年齢を表す漢字は歳の簡体字であるであることが分かって頂けたかと思います。

ここで、年齢に関する会話などで、覚えておきたい表現や習慣などを説明しておきます。

割と気軽に年齢を聞く

実際の会話などで、よく「你多大了?」などと表現して、「あなたは何歳ですか?」と問いかける場面があります。

こういう場合、日本では相手の年齢を聞くのはちょっと失礼で気が引けるようなことも多々あると思いますが、中国語の場合は比較的、気軽に聞いています。

日本では、特に相手が女性であれば、年齢を聞くのを避ける傾向がありますが、中国の場合、それほど避けることはなく、ストレートに聞く場合も少なくありません。

年齢の数え方が異なる

また、年齢の数え方ですが、上記の問いをされた場合、日本では満年齢で答えるのが普通ですが、中国ではその年に到る年齢で答えるのが普通です。

つまり、中国では質問された時点で、その年の誕生日を迎えていても迎えていなくても誕生日を迎えた後の年齢を答えることになるのです。

それは、「你多大了?」の表現には「你今年多大了?」のように、今年の意味が暗黙のうちに含まれていて、本来の意味が「今年で幾つになるの?」に相当するからです。

中国で年齢を語る場合、あくまで満年齢とは限らないことを覚えておきましょう。

干支を聞く便利な表現

更に、覚えておきたいのは、「你属什么?」と問う表現です。これは、「ナニドシですか」と干支を聞く言い回しで、結構使われる表現です。

干支は中国から伝わって来たものですから、中国にも十二支があり、暦としては日本も中国と同じですから、干支が同じなら同じ年に生まれたことになります。

ナニドシかを聞くことは、事実上、相手の年齢を把握することができることから、年齢を直接聞く代わりに頻繁に使う便利な表現です。

年齢に関する表現や習慣は、単に言語として習得しただけでは理解できない面があります。

年齢に関するちょっとした感覚や習慣の違いについても、ぜひ覚えておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク