安易な使用は危ない!料理器具のピーラーでまさかの怪我を体験。

先日、料理器具であるピーラーを使っていて、思わぬ怪我をしました。

指の先端を切って出血しましたが、その切り口を見て凄いキレ味であることを知りとても驚きました。

ピーラーでケガをした

日々当たり前のように使っているピーラーでも、注意しないと思わぬ怪我をするんだ

と感じた生の体験を記します。

どんなピーラー

まず、ピーラーとは何かですが、野菜の皮などを剥(む)くために使用する調理器具のひとつです。「そんなこと知ってる」って声が聞こえましたが、念のための説明です。

私が怪我をした時に使っていたピーラーは、大きさや形がごくごく普通のタイプ、どこにでもあるピーラーって感じでした。(冒頭に掲載した写真)

実は、我が家には数個のピーラーがあって、幅が広いもの、取っ手がもちやすいものなど色々で、用途に応じて使い分けています。

そして、私が怪我をした時に使っていたピーラーは、その中でも特に切れ味(剥き味?)が優れたものでした。

先端がギザギザになっていて、切れ味が鋭いタイプ

怪我をした体験

もちろん、私がそのピーラーを選んだ理由は、キレ味が優れていたからでした。

切れ味がいいと、使っていてとても爽快なんですね。気分がいい感じです。
逆に切れ味が悪いとイライラしてきますよね。

で、その時に私が調理したものは、何と!、ただのチャーハンです。

チャーハン作るくらいで怪我するな!!」って感じですよね。
チャーハンでピーラー使うか!?」って話もありますね。

でも本当にチャーハンで怪我したんです。

で、怪我をしたのには理由があって、調理を急いでいた、つまり慌てて作っていたんです。

それにも訳があって、二人の息子がとてもお腹を空かせていたんです。
獲物に飢える2匹の猛獣の、強い強い視線を背中に強く感じていたんですね。

そして、親心として「少しでも栄養を採って欲しい」との思いから、人参を使ったんです。
その人参の皮を剥くのにピーラーを使い、そこで怪我をしたってわけです。

えっ!?ピーラーで怪我?

あり得ないと思った人も、けっこういるんじゃないでしょうか。

私も、怪我をするまでは、ピーラーで怪我なんてあり得ないと思っていました。

どんな怪我?

でも実際に怪我したんです。ザックリと切るような、剥(む)くような感じで。

ちょっと、人参の皮をピーラーで剥くことを想像してみて下さい。

右利きの人なら左手で人参を手で半分覆うようにつかんで、右手で上から下にピーラーを動かして剥きますよね。

そして、人参を少しずつ左手で回転させて、剥こうとする場所をズラしながら剥いて行きます。

そう言った動作を、とにかく急いでやっていたんですが、あと僅かで剥き終わるというところで、

痛っ!!!

となりました。

人参を回転させるタイミングと、そこに沿える左手の位置と、人参に走らせるピーラーの位置とに微妙なズレが発生して、左手の小指の先端が、人参の一部になってしまったんです。

その結果。

左手の小指の先端の爪の端が、完全に削ぎ落とされました。

小指の爪→人参の皮

ってことです。

その瞬間は、爪と皮膚との境目全体に血が滲むように走り、痛みがあり、ちょっとシミました。

時間が経過すると出血はすぐ止まり、触りさえしなければ痛くない状態になりましたが、何と言っても切り口が凄いです。

完全に爪が削ぎ落とされているんですよ!!

もし、指の最先端だけではなくて、もう少し奥から削ぎ落とされていたら・・・

と考えただけで、ゾッとしました。イヤすぎますね。冷や汗ものです。

指の先端ながら、爪がしっかり削ぎ落されている

ピーラーは、包丁やナイフなどと比べれば決して鋭利な道具ではありません。
実際、肌でちょっと触れただけでは出血などしません。

しかし、安易に考えていると思わぬ怪我をしてしまいます
それをとても強く感じた一瞬でした。

大事なことは

ピーラーで怪我なんかするものではない

と思っている人も多いことでしょう。
実際、この体験をするまでの私もそう思っていましたから。

ピーラーは、それほど鋭利でもないのになぜ?

そう思う人もいることでしょう。

では、なぜ怪我をしてしまったのか。
その理由を考えてみると

  • ピーラーは危なくないという安易な気持ちがあったこと
  • 急ぎ、慌てていて動作が正確・丁寧でなかったこと
  • 比較的切れ味のよいピーラーを用いたこと

などですね。

従って怪我をしないために大切なことは、慌てず丁寧に処理することや、必要以上に切れ味のよいピーラーを選ばないことなどです。

しかし、何より大事なことは、

ピーラーでも、迂闊に用いればとても危険だという意識をしっかりもつこと

でしょう。

皆さんも、ピーラーを使う時はこれを頭に入れて、私みたいに怪我をしないよう注意して使うようにして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク