カーテンによる断熱効果ってどれくらいなのだろう?

ある休日の朝、先に目を覚ましていた妻が寝室にやって来て、私を起こしに来たのですが、窓のカーテンを開けた途端、急に冷たい空気が入り込んできて「冷やっ!」としました。

カーテンには相応の断熱効果がある

カーテンがあることで、部屋の温度がこんなにも違うのか、というのがその時の印象で、実際どれくらい違うのか気になっていました。

カーテン内外で3.6℃の差

そこで、日を改めて実際に測ってみることにしました。

まず、朝起きた時の寝室の中央付近の室温を測定したところ13.4℃で、カーテンを閉めたままの状態でカーテンの外側と窓の内側の空間の温度を測ってみたところ9.8℃でした。

ちなみに、この時の外気温も、参考までに測定してみましたが、1.1℃でした。

これらの結果から、カーテンの外側と内側との温度差は3.6℃(=13.4-9.8)にもなるわけで、カーテンがあるだけで、これだけの断熱効果が得られるのは、凄いことだなぁ、バカにならないなぁと思いました。

【関連記事】長野の冬はやっぱり寒い。部屋内で自然と氷ができるのを見て驚く

カーテンの断熱効果は無視できない

その後、カーテンを開けて部屋の温度が落ち着いたところで、室内の温度を改めて測ってみたところ11.0℃でした。

この時、部屋のドアを開けてしまったので、廊下から空気が入ってしまった影響もありますし、部屋内の空気の循環の仕方や、温度分布の偏りの影響もあるので、この温度が、どういう意味を持つかは簡単には説明できないでしょう。

しかし、カーテンによる断熱効果が大きいことに変わりはないでしょう。恐らく、ひと晩カーテンを開けたままにしていたら、室温は1℃や2℃は低くなっていたに違いないでしょうか。

さて、使っているカーテンですが、遮光性も高い比較的厚手の生地で、ブラインド用の薄手のカーテンと合わせて2枚のカーテンを閉めていた状態でした。

窓の大きさは縦横ともに約115cmの長さで、サッシのガラスは二重構造となっていて、カーテンの大きさは窓枠を全て覆うだけでなく、窓枠下は15cmくらい長めのサイズです。

窓枠の四方は、カーテンとの間に若干の隙間があるので、多少は冷気の入り込みが有ったとは思いますが、その影響はそれほど大きくは無いと感じています。

カーテンの素材も大事

ところで、以前、室内の窓際に氷ができた話を記事にしましたが、今回測定した、外気温とカーテンの外側の温度差8.7℃(=9.8-1.1)を単純に当てはめて考えた場合、仮に外気温が-9℃なら窓際は-0.3℃度という計算になり、室内に氷ができるのも無理はない、となっとくしました。

我が家では、夏場は薄手のカーテンで、冬場は厚手のカーテンと、季節によって取り換えているので、これも影響としては無視できないと思います。

暖房機器は、設定温度を1度変更するだけでも燃料費や電気代がだいぶ違うといわれますから、そう考えると、断熱性の優れた素材のカーテンを選び、窓枠サイズをしっかり覆えるサイズを選ぶことってすごく大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。