長野の冬はやっぱり寒い。部屋内で自然と氷ができるのを見て驚く。

ある休みの日の朝、カーテンを開けてみると、ガラス窓に結露してついた水が、コチコチに凍って張り付いているのを発見して、とてもビックリしました。触ってみると、手で取れる状態ではなく、ガチガチに固まっていました。

この窓は、断熱性能を強化するために、ガラスが2枚取り付けられている構造でしたが、それでもこのような状態になってしまったのです。

凍るということは、窓際とはいえ、部屋の一部が氷点下になった、ということを意味するわけで、こんな部屋で寝ていたのかと思うと、長野はやはり寒いところだなぁと改めて実感しました。

もとから長野に住んでいた人にとっては、当たり前のことかも知れませんが、首都圏から引っ越して来た私にとっては、想像もしていなかったことで、ただ驚くばかりでした。

ちょうどその週は、日本海側から寒気が入ってきて、連日雪が降り続き、外には雪がたくさん残っている状態でした。その日の朝の外気温を確認したところ、マイナス9度で、この地域の最も寒い時期の、最低気温に相当する温度でした。

今住んでいる家屋は、断熱構造がそれなりに優れているので、寒い時でも室温は10度近くはあるのですが、光熱費がばかにならないので、寝る時は電気毛布を利用して、他の暖房器具は使わないようにしています。

しかし、その日の朝は、さすがにすごく寒さを感じていたためか、朝、目を覚ました時には、布団の中に潜り込むような姿勢で寝ていました。布団から出ないで、一日中そのままでいたい、なんて思ったくらいです。

長野で一人暮らしをしている職場の人が、以前「俺は暖房を使わないから、冬場の室温は2度だったりする」なんて話をしていたことを思い出しては、我が家は、まだまだ、だ何て思ったりしたのでした。まだまだ、寒い日が続くと思いますが、長野の良さを模索しながら、寒い冬場を乗り越えて行きたいと思っています。

【関連記事】長野は寒冷地か?

【関連記事】窓ガラスの結露の原因と家庭で簡単にできる対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。