おいしいコーヒーを入れるために。

私はコーヒーが好きで、毎日飲んでいます。

以前は、その手軽さからインスタントコーヒーも飲んでいましたが、おいしいコーヒーを追求するなかで、インスタントコーヒーは全く飲まなくなりました。

そして、今では常においしいコーヒーを追求するような毎日となり、いろいろこだわりも出てくるようになりました。

そんな私が、おいしいコーヒーを入れるために、大事だなぁと感じるポイントをまとめました。一般にいわれている、ドリップの仕方や、お湯の温度なんかについては、どこでも紹介されているので、ここでは、私のこだわりに焦点をあててみました。

水にこだわる

コーヒーの大部分は水を含んでいますから、おいしいコーヒーを考えるなら、やはり水にこだわるべきでしょう。

私も、以前は、もっぱら水道水で作っていましたが、ミネラルウォータを使うようになってからは、通常、水道水は使わなくなりました。

水道水を使うと、水道水に含まれる塩素の臭いがどうしても出てきてしまうので、せっかくいいコーヒー豆を使っても、台無しになってしまいます。

そして、ミネラルウォータも、軟水や硬水で口当たりも変わってきますし、ミネラルの成分によっても微妙に味が変わってきますので、コーヒーとの相性や好みの味を考えて、自分にあった水を選ぶことが大事です。

好みの水を選ぶことも大切

水の硬度による違いについては、美味しいコーヒーを入れるために知っておくべき水の硬度(軟水、硬水)に詳しく書きましたので参考にして下さい。

自分好みの豆を厳選する

コーヒーの味は何と言つても、豆で決まります。

豆は、原産地や品種、加工方法(炒り方)などによって、風味、コク、苦み、酸味、香りなどが大きく異なりますので、自分の好みの味がどれなのかを、つき詰めることが大事だと思います。

豆によって味が全然違う。好みの豆を選ぶことが大切。

いくら、高級なコーヒー豆であっても、また、他の人がおいしいといっているコーヒー豆であっても、自分の好みと異なる味では、おいしいとは感じないものです。

逆に、高価なコーヒー豆でなくても、自分好みの味であれば、おいしく感じるものです。

鮮度を保つ

コーヒー豆は、入れる直前にミルするのが一番ですが、豆であろうが、ミルされた粉であろうが、極力、鮮度を保てるように保管することが大事です。パッケージ開封後、時間が経過すればするほど、味が落ちて行くのを実感されている方も多いと思います。

可能なら淹れる直前にミルするのがよい

開封後は、できるだけしっかりと密封する(特に粉タイプ)、高温多湿な場所は避ける、など保管に気を使うことが大事です。(余談ですが、市販のコーヒー豆のパッケージは、豆の品質を保つために工夫がされているんですね。気になる方はこちらをどうぞ)

そして、もうひとつ大事なことは、一度に大量に購入しないことです。開封・未開封に関わらず、豆の品質は時間の経過とともに自然と劣化して行くものですから、いたずらに多く買い過ぎないことです。

仮に割高になったとしても、また、ちょくちょく買う手間がかかったとしても、少量のものを頻繁に購入する方がいいかも知れません。

以上、私のコーヒーへのちょっとしたこだわりでした。みなさんも参考にして下さい。

【関連記事】スターバックスコーヒーで気軽に味見を

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。