日本語の「的」にはない中国語の「的」の意味

中国語は漢字で書かれているため、日本人が文章を見た場合、大まかな内容は見当がつきます。

しかし、使われている漢字に、日本語には無い意味や用法がある場合には、兄当がつかず大意がよく分からないこともあります。

中国語の的には、日本語の的には無い意味がある

漢字の「的」もそのような漢字のひとつで、日本語には無い意り休があります。

日本語の「的」の意味

日本語で「的」を使う場合、○○的(てき)といった表現をして、「そのような」、「それらしい」というような意味を持ちます。

抽象的、積極的、自発的、発展的、社交的など、色々な言い方をして、形容詞のような使い方をします。

また、「的」を「まと」と読めば、何かの目標や、目指す対象、めあてなどの意味を持ちます。

この意味から、弓矢やライフルなどの競技における目標物を指して「的」と呼ぶようになりました。目的、標的という使い方もこの類です。

更に、物事の核心という意味もあり、例えば「的をえた質問」などのようにも使われます。

そして、「的」という漢字そのものには、あきらかの意もあります。

中国語の「的」の意味

では、中国語で「的」を使う場合はどうなるでしょう。これには、大別して、ディ(di)と読む場合とダ(de)と読む場合の2通りがあります。

的を「ディ」と読む場合は、日本語と同じような、的(まと)のことを指したり、目的という述語として使ったり、明らかである意味として用いたりします。

また、日本語と同じように的確などという使い方をして、確かである意味で使うこともあります。

的を「ダ」と読む場合は、日本語では使われない「~の」を意味する用途に使われます。最も一般的な使い方は、所有を表す「の」で、例えば、我的笔といえば私のペンという意味になります。

所有の「の」を使った中国語の面白い例に、你的我的我的我的という表現がありますが、これは日本語でも昔よく流行ったフレーズ「あなたの物は私の物、私の物は私の物」を意味し、よく使われています。

また、日本語で一般に「の」と表現されるさまざまな言い方にも使われ、例えば、一天的晚上といえばある日の晩、日本的人口といえば日本の人口と言う意味になります。

的はとても多用な漢字で、他にも形容詞的な言い回しを表現するなど色々な使い方があり、奥が深いのでここでは説明しきれないほどです。

我々日本人が心得ておく意味としては「〇〇の〇〇」という「の」の意味で、これだけ頭に入れておけば、全体の文章の意味としては把握しやすいでしょう。

例えば、上記に倣って、高大的房子を訳そうとすれば、「高く大きいの家」となりますが、意味としては「高くて大きい家」ということが推測して直ぐに分かるでしょう。

なお、私の妻と表現する場合、我的老婆となりますが、関係の明らかな人物などを表す場合は「的」が省かれ、我老婆というのが一般的となります。ちなみに、老婆は年老いた女性ではなく、妻の意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク