中国語の「看」は日本語の「看」とニュアンスが違う。

日本語にも中国語にも「看」と言う漢字は存在し、どちらも「見る」ことを表します。

日本語で、見ることを表す漢字には、「見る」「観る」「視る」「看る」などがあり、広義には全て「見る」の意味になりますが、実際は意味合いが微妙に異なりますので、使い分けるのが一般的です。

中国語の「看」は日本語の「看」とニュアンスが違う

中国語の「」は日本語の「看」とは異なり、どちらかと言うと「見」の方に近い感じです。以下、日本語と中国語の「看」の違いを説明します。

日本語の「看」

日本語の「看」の場合、何かしら見る対象を伴って、単なる「見る」ことを表す意味として使うこともあります。

しかし、どちらかと言うと、取り扱う、世話をする、みまもる、みはりをするという趣が強く、「○○を看る」と言えば、そういった意味で使われます。

看を用いる熟語には、看護、看病、看守などがありますが、これらはいずれも世話をするや、みまもる、みはるなどの意味に相当します。

また、看取(察知すること)、看過(見逃すこと)、看視(注意して見ること)など、特定の言い回しで使われることもあり、ここでも「見」とは少し違う趣があります。

「看」の語源としては、「手+目」から作られ、手をかざしてよくみることを意味し、目で対象をみる場合に用います。

中国語の「看」

では、中国語の場合はどうでしょう。

確かに、日本語と同じように、見守り、番をする、或いは、取り扱う、世話をすると言った意味もあります。

しかし、中国語の場合、「」は日本語の「見」に相当、即ち、見ることを表す最も一般的な言葉として用います。

従って、中国語で「」と言う漢字が出てきた場合、それを「見」に置き換えてみると意味が通ることが多くあります。

例えば、テレビを見るのは、看电子と言いますし、映画を見るのは、看电影と言いますし、本を見る(読む)のは、看本书と言いますし、試合を見るは看比赛と言います。

つまり、「看」は、見ることを表すごくごく一般的な表現と言えます。

上記の例はごく一部で、見ることを表現する一般的な言い回しには看を用いるのです。

なお、中国語の「」には「見る」意味とはちょっとかけ離れたような特殊な意味を持つ表現がいくつもありますが、ここでは説明は省略します。

中国語の「见(見)」は?

さて、看が「見る」の意味を持つのであれば、「(見)」という漢字はどうなのかが気になります。

中国語の「」ですが、これにももちろん「見る」の意味があります。

しかし、どちらかと言うと「」は「看」よりも文語的で、「」は書き言葉で使われ、「看」は話言葉で使われる傾向があります。

また、見る対象がハッキリしている「看」と比べると、「」は目に入るとか、目に触れるというニュアンスが強いです。

そして、具体的な用法としては、「」はどちらかと言うと、人と会うなどの「会う」の意味で使われることが多いです。

さよならの挨拶「再见」にも「」が使われますが、これは「会う」の意味で使用する典型的な言い回しですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。