覚えておきたい日本語の「会」には無い中国語の「会」の意味。

漢字は漢の時代に中国から日本に伝わって来た文字であるため、日本語と中国語とでは漢字の持つ意味が同様の場合が多くあります。

従って、日本語と中国語との間では、お互いに漢字を見ただけで、おおよその意味を推測することができます。

中国語の「会」には日本語に無い意味がある

しかし、中国語の「会」という漢字には、日本語の「会」には全く存在しない意味があります。

会という日本語

日本語の会という漢字には、あつまるとか、あつめると言った意味があり、こうした意味として、宴会、会合、集会、会計などの熟語を使います。

また、「会う」という言い方をすれば、人と顔を向い合せる、対面する、人と出会うと言う意味を持ち、同様の意味で面会、会見などの熟語を使います。

更に、巡りあわせの意味としても使われ、機会などの熟語として使います。

このように、日本語で「会」を用いる場合、あつめるとか人と会う、めぐり合わせると言った意味で使います。

中国語の「会」

中国語で「会」を使う場合、集まるや集める、あつまるという意味や、或いは面会するとか集会や会合、機会、組織、団体といった日本語と同じ様な意味で用いることはあります。

しかし、日本語に無い使い方で、頻繁に使う用法として、「~することができる」「~する能力がある」といった意味を表す言い回しがあります。

例えば、

他会说中国话(彼は中国語が話せます)
我不会用筷子(私は箸を使えません)
我会日语(私は日本語ができます)
她什么都不会(彼女は何もできません)
他会游泳吗?(彼は水泳ができますか?)
他会不会打棒球?(彼は野球ができますか?)

というような使い方をして、いずれも「~することができる」という意味になります。

ここでの使われ方は、英語の助動詞「can」を連想すると分かりやすいでしょう。

また、「会」には上記と同じようなニュアンスとして、可能性や「○○のハズ」と言った意味でも使われ、例えば、

今天不会下雨的(今日は雨になりっこないよ)
他什么会知道呢?(彼は知っているはずない)

のような使い方をします。

そして覚えておきたいことは、「会」を使って「~することができる」「~する能力がある」という表現をする場合、技術などを習得していることに対して用いるということです。

つまり、単に能力として有していることを表すというよりも、習得した結果としてできるようになったことを表します。

ちなみに、能力としてできるという意味を表す場合は、「会」の代わりに「能」を用います。

以上のように、中国語で「会」を用いる場合、習得した結果として〇〇できるという意味に使うことがとても多いのです。

「会う」に相当する中国語

さて、ここで気になるのは日本語の「会う」に相当する中国語の一般的な表現は何かです。中国語の「会」は、上記に示したように面会といった使い方はしても、日本語の「会う」のような使い方は、普通はしません。

日本語の「会う」に相当する、中国語の一般的な表現は「(見)」になります。中国語の「」にはもちろん、日本語の「見る」と同じ意味はありますが、日本語の「会う」はあくまで「」なのです。

「見」が「会う」の意味をもっていることの分かりやすい例には、「再见」(ツァイチェン)があります。

中国語の「再见」は、「さようなら」という挨拶言葉ですが、これは「また会いましょう」の意味が転じて挨拶の慣用表現になったものです。この例を見れば、「再见」の「」が「会う」の意味であることがよく分かります。

【関連記事】中国語で別れの挨拶「さようなら」「またね」などの実践的な表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク