4回目の新年、昨年は飛躍への十分な手応えを得た一年だった

当ブログを開始してから4回目の新年を迎えました。

ちょうど1年前、飛躍という言葉を掲げて「広く読まれるブログにすること」を昨年の目標にして来ました。

4回目の新年

結果、飛躍というほどの前進は叶いませんでしたが、飛躍に向けての確かな手応えを感じています。

どこで手応えを感じる

では、どんな点で手応えを感じているかですが、主に下記の2点あります。

(1)PVが増加している
(2)サイトの評価が上がっている

まぁ、ブログを運営している人であれば、なんとなく意味は分かると思いますが、そうでない人にとっては分かりにくいのでもう少し解説します。

(1)PVが増加している、とはPV(ページビュー)、即ち読まれるページ数が増えているという意味です。

PVが増加しているとは言っても、決して右肩上がりで増加した訳ではありません。

ブログ運営者であれば分かると思いますが、PVってけっこう上下の変動が大きいのですね。

それは、グーグルの検索アルゴリズムの変化の影響であったり、他のサイトの記事が台頭してきたりするからです。

で、実際どんなPVの変化であったかと言うと、年の前半は上がったり下がったりの横ばいで、年の後半は毎月確実に増加を続けて来ました。

ちょうど一年前、「うまく行くコツをつかんできた」と述べましたが、前半は手さぐりがまだ続いていました。

また、検索結果に反映されるのには時間が掛かる面もありますから、数値(PV)には直ぐに表れなかったんです。

だから横ばいが続いたのですが、それでもその時には既に手応えを感じていました。

なぜかと言えば、「この記事こそは!」と特に力を込めた記事のPVが確実に伸びていたからです。

そして、継続して行く中に、年の後半では、PVの数値にそのまま表れるようになって行ったのです。

でも、一時的に伸びただけじゃない?検索アルゴリズムが変化すれば、たちまち落ち込むのでは?

そう思う人もいるハズです。

そこに、もう1つの根拠「(2)サイトの評価が上がっている」があるのです。

これは、過去に書いたいくつかの記事で、明らかに検索順位が上がって来ていたり、サイト全体の検索順位が以前よりも上位になっていたりすることから感じるのです。

特に、かなり昔に書いた記事が、いつの間にか検索の上位に躍り出ているケースを見ると、サイトの評価が上がって来ている以外に考えにくいんです。投稿後に一度も手を入れたことがない記事なんかが踊り出るんですから。

とは言え今後、検索アルゴリズムの変化によってPVが上下するのは当然のことだとも思っています。

でも、サイトの評価が上がっていることに間違いはありません。

運営しているからこそ分かる感覚ですし、実感でもあるんですね。

なぜ手応えを得られたか

では、なぜ手応えを得られるほどの前進が叶ったのでしょうか。

これについては後日、もっと実績が数値に出た段階で細かくまとめたいと思いますが、今その理由を端的に言えば

持続して来たから

です。多くの成功者も皆んな同じこと言っていますね。

これを聞いて勘違いする人がいると思いますので、念のため言っておきますが、

単に続けたから

ではありません。

やるべきことを、地道に積み重ねてきた

と言う意味です。(これ重要)

ここで、「やるべきことって何?」って話になるかと思いますが、これは表現を変えれば「当たり前のこと」です。

具体的には、

・読者のためになる充実した情報を読みやすい記事にして投稿する
・過去の記事で不足していた情報を追記し、古い情報を更新する

ですね。

そんなの当たり前!!

って言う人いますが、当たり前のことをどれだけ確実にできているかが重要です。

出来ていると思い込んでいたり、出来たつもりになっているんですね。

とは言え、このように書いている私も、「まだまだ、出来ていない」とすら思ってます。

まぁ、なぜ手応えを得られたかについては、これくらいにしておきます。

後日、大きな実績となった時点で詳細をまとめたいと思います。

本年の目標は

さて、最後に本年の目標です。

これは当然、「飛躍」です。

昨年、飛躍を目標に掲げて「飛躍に向けての確かな手応え」までしか結果を出せませんでしたから。

なので、今年こそ「飛躍」です。

と言うことで、読者のみなさん、本年もよろしくお願いします。

龍サッサ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク